スマホ向け表示

前ページへ戻る

免許法第6条「別表第8」による取得方法

普通免許状を有し、3年以上教員として良好な勤務成績で勤務した旨の実務証明責任者の証明を有する方が必要な単位を修得することで、隣接校種(幼稚園⇔小学校⇔中学校⇔高等学校)の教員免許状を取得できます。修得単位は下記の通りです。履修登録にあたっては、勤務地の都道府県教育委員会の規則を確認のうえ、指導を受けた規則により登録をするようにご注意ください。また、単位の内訳等詳細についても勤務地の各都道府県教育委員会で指導を受けてください。

「別表第8」

第1欄
第2欄
第3欄
第4欄
受けようとする免許状の種類
所要資格
有することを必要とする学校の免許状
第2欄に定める各免許状を取得した後、当該学校における主幹教諭(養護又は栄養の指導及び管理をつかさどる主幹教諭を除く。)、指導教諭、教諭又は講師(これらに相当する中等教育学校の前期課程又は後期課程及び特別支援学校の各部の主幹教諭(養護又は栄養の指導及び管理をつかさどる主幹教諭を除く。)、指導教諭、教諭又は講師を含む。)として良好な勤務成績で勤務した旨の実務証明責任者の証明を有することを必要とする最低在職年数
第2欄に定める免許状を取得した後、大学において修得することを要する単位数
幼稚園教諭2種免許状
小学校教諭普通免許状
3
6
小学校教諭2種免許状
幼稚園教諭普通免許状
3
13
中学校教諭普通免許状
3
12
中学校教諭2種免許状
小学校教諭普通免許状
3
14
高等学校教諭普通免許状
3
9
高等学校教諭1種免許状
中学校教諭普通免許状
(2種免許状を除く)
3
12

[教育職員免許法施行規則第18条の2]

教員職員免許法第6条別表第8に規定する単位の修得方法は、次の表の定めるところによる。

受けようとする免許状の種類
有することを必要とする学校の免許状
最低修得単位数※
教科に関する科目
教育課程及び指導法に関する科目
教科又は教職に関する科目
教育課程及び指導法に関する科目
生徒指導、教育相談及び進路指導等に関する科目
各教科の指導法
道徳の指導法
保育内容の指導法
幼稚園教諭
2種免許状
小学校教諭普通免許状
 
 
 
6
 
 
小学校教諭
2種免許状
幼稚園教諭普通免許状
 
10
1
 
2
 
中学校教諭普通免許状
 
10
 
 
2
 
中学校教諭
2種免許状
小学校教諭普通免許状
10
2
 
 
2
 
高等学校教諭
普免許状
 
2
1
 
2
4
高等学校教諭
1種免許状
中学校教諭普通免許状
(2種免許状を除く)
 
2
 
 
2
8
<備考>
1.
教科に関する科目の単位の修得方法は、第4条に定める修得方法の例にならうものとする。
2.
各教科の指導法の単位の修得方法は、小学校教諭の2種免許状の授与を受ける場合にあっては、国語(書写を含む。)、社会、算数、理科、生活、音楽、図画工作、家庭及び体育のうち5以上の教科の指導法(幼稚園教諭の普通免許状を有する場合にあっては生活、中学校教諭の普通免許状を有する場合にあってはその免許教科に相当する教科を除く。)についてそれぞれ2単位以上を、中学校教諭の2種免許状又は高等学校教諭の1種免許状の授与を受ける場合にあっては、それぞれ受けようとする免許教科ごとに修得するものとする。
3.
教科又は教職に関する科目の修得方法は、第6条の2に定める修得方法の例にならうものとし、高等学校教諭の普通免許状を有する者が中学校教諭の2種免許状の授与を受ける場合の教科又は教職に関する科目の修得方法は、国語の教科についての免許状の授与を受ける場合にあっては書道(書写を中心とする。)について1単位以上を、地理歴史の教科についての免許状を有する者が社会の教科についての免許状の授与を受ける場合にあっては「法律学、政治学」、「社会学、経済学」及び「哲学、倫理学、宗教学」についてそれぞれ1単位以上を、公民の教科についての免許状を有する者が社会の教科についての免許状の授与を受ける場合にあっては日本史及び外国史並びに地理学(地誌を含む。)についてそれぞれ1単位以上を、理科の教科についての免許状の授与を受ける場合にあっては物理学実験(コンピュータ活用を含む。)、化学実験(コンピュータ活用を含む。)、生物学実験(コンピュータ活用を含む。)及び地学実験(コンピュータ活用を含む。)のうち3以上の科目についてそれぞれ1単位以上を、美術の教科についての免許状の授与を受ける場合にあっては工芸について1単位以上を、技術の教科についての免許状の授与を受ける場合にあっては木材加工(製図及び実習を含む。)、金属加工(製図及び実習を含む。)及び栽培(実習を含む。)についてそれぞれ1単位以上を修得するものとし、中学校教諭の普通免許状(2種免許状を除く。)を有する者が高等学校教諭の1種免許状の授与を受ける場合の教科又は教職に関する科目の修得方法は、地理歴史の教科についての免許状の授与を受ける場合にあっては第5条の表第2欄に掲げる地理歴史の教科に関する科目のうち1以上の科目について1単位以上を、公民の教科についての免許状の授与を受ける場合にっては同表第2欄に掲げる公民の教科に関する科目のうち1以上の科目について1単位以上を、情報の教科についての免許状の授与を受ける場合にあっては同表第2欄に掲げる情報の教科に関する科目(情報社会及び情報倫理並びにコンピュータ及び情報処理(実習を含む。)を除く。)についてそれぞれ1単位以上を、工業の教科についての免許状の授与を受ける場合にあっては同表第2欄に掲げる工業の教科に関する科目についてそれぞれ2単位以上を、家庭の教科についての免許状の授与を受ける場合にあっては住居学(製図を含む。)、保育学(実習及び家庭看護を含む。)並びに家庭電気・機械及び情報処理についてそれぞれ1単位以上を修得するものとする。
【注意】
※履修単位数は各都道府県教育委員会の指導によっては、上記に定める最低履修単位数より多く履修する可能性があります。
入学案内
アドミッションポリシー
資料請求について
通信教育部パンフレット
通信教育部学生募集要項
入学について
入学コース診断
入学コース紹介
受講コース紹介
免許状・資格
サポート体制
先輩インタビュー

通信教育Q&A

このページの先頭へ戻る