スマホ向け表示

前ページへ戻る

学校図書館司書教諭資格

x.img_set.alt

「学校図書館司書教諭」とは、教育職員免許法に定める小学校・中学校・高等学校・特別支援学校(盲学校・ろう学校または養護学校)の教員免許状を有する方が、学校図書館運営について図書館に関する知識や技能を修得し、学校図書館の担当者として職制上配置される教諭のことをいいます。

受講資格

教育職員免許法に定める小学校・中学校・高等学校・特別支援学校(盲学校・ろう学校または養護学校)の普通免許状のいずれかを有する方、または4年制大学に2年以上在学し、62単位以上修得している方。

受講科目学校図書館司書資格を取得するためには、次の本学開講科目を履修することになります。
学校図書館司書教諭講習規程科目
単位
本学開講科目名
受講方法
単位
必要単位数
学校経営と学校図書
2
学校経営と学校図書館
RT
2
10単位必修
学習指導と学校図書館
2
学習指導と学校図書館
RT
2
読書と豊かな人間性
2
読書と豊かな人間性
RT
2
学校図書館メディアの構成
情報メディアの活用
2
学校図書館の情報アプローチⅠ
SR
2
2
学校図書館の情報アプローチⅡ
SR
2
合計5科目
10単位

資格の取得時期

学校図書館司書教諭資格は単位修得後文部科学省へ「学校図書館司書教諭講習修了証書」の申請をします。具体的には単位修得後、毎年5月上旬頃、本学で手続きをします。「修了証書」は本学を経由して文部科学省へ申請し、その翌年の3月中旬頃文部科学大臣より交付されます。
なお、スクーリング科目(学校図書館の情報アプローチⅠ・Ⅱ)は夏期スクーリングと冬期スクーリングで開講を予定しています。修了証書交付までの過程はおおむね次のとおりです。

「学校図書館の情報アプローチ」の受講
4月生→夏期又は冬期スクーリング
10月生→冬期スクーリング

→

全必要単位修得
毎年5月に本学へ申し込み
(講習書類参加)

→

翌年3月頃修了証書交付

講習書類参加について

講習科目の単位をすべて修得している方は、文部科学大臣委嘱学校図書館司書教諭講習に出席することなく、所定書類の提出をもって修了証書が授与されます。
対象者は、以下の項目のいずれかに該当する方となります。
【1】教育職員免許法に定める小・中・高・特別支援学校(盲学校・ろう学校または養護学校)の教諭のいずれかの普通免許状を取得している方。
【2】大学に2年以上在学し、62単位以上修得している方で、書類参加申請時において4年制大学に在学している方。
(科目等履修生を除く)
したがって、4年制大学を卒業している方で、【1】に定める学校の普通免許状を何ら有さない場合は当該単位を修得されても講習への書類参加ができませんので、教員免許状を取得してからの入学をお勧めします。

※注意
【1】学校図書館法5条第3項に定める学校図書館司書教諭の講習における修得単位を有する場合でも、一部の単位のみ本学にて履修する場合は、本学での講習書類の参加ができない場合があります。
【2】修了証書の効力はその方が学校の教諭の普通免許状を取得した時点から生じます。
入学案内
アドミッションポリシー
資料請求について
通信教育部パンフレット
通信教育部学生募集要項
幼保特例プログラム入学案内
入学について
入学コース診断
入学コース紹介
受講コース紹介
免許状・資格
サポート体制
先輩インタビュー

通信教育Q&A

このページの先頭へ戻る