ことばの
過去・現在・未来を探求

人文学部 日本文化学科

日本の文化を多様な視点でとらえ、
その意味や価値を深く探究する。

日本文化学とは、幅広い分野から日本の文化に迫る学問です。「文学・言語学」「文化学」「歴史学」など、その領域は多種多様です。
特定のジャンルを掘り下げたり、複数の要素を比較検討したり、さまざまな手法を用いて、日本文化の過去、現在、未来を探究します。

学びの特色

日本文化を正しく理解し、
世界に向けて発信できる力を育成する。

文学や言語、伝統文化から最新の文化までを幅広く学び、世界に発信できる能力を身につけていきます。
ことばをチカラに、日本文化をほんとうの味方に。世界との距離が近くなった今、習得した知識と能力はあらゆる分野で活かすことができます。

1

体験する

4年間の学びを見すえ、幅広い分野に触れ体験する
日本文化を支えるさまざまな分野について基礎を学ぶと同時に、実際に体験することで理解を深めていきます。
2

発見する

自ら問いを見つけるために、一歩踏み出す1年間
基礎演習がはじまります。自ら問題点を見つけ、調査を行うという研究の初歩を学びながら、より専門的に学んでいきます。
3

磨く

学生一人一人が、自らのテーマを 選び、掘り下げる
古典文学から近代文学、日本語学・言語学、思想史、日本史、美術史、視覚文化など、幅広く開講された演習を中心に、自分だけの学びを追い求めていきます。
4

発信する

学んだ知識を発信、卒論は学びの集大成
これまで学んできた日本文化に関する幅広い知識を活かしながら、学生自身がテーマを決め、研究した結果を卒業論文にまとめて発信します。
卒論テーマ1
「忠度集の研究」
  • 歌人・平忠度から探る、日本語の美しさ
卒論テーマ2
「『かちかち山』研究 -江戸から現代まで-
  • 日本の昔話も、時代によって変化していた!?
卒論テーマ3
「近代文学における影 -影の役割とその理由-
  • 近代文学で描かれる「影」に着目
卒論テーマ4
「好ましい美しさとは何か -現代日本の化粧文化 とメディア-」
  • 化粧の歴史と現状から、日本文化を考える

座って、聞いて、ノートをとるだけが勉強ではない。
自ら動くことで、身をもってわかることもあります。

日本文化学科の学びの特徴のひとつに、体験教育があります。通常の授業のスタイルに留まらず、実際に体験しながら学びます。

日本文化学科の体験教育

  1. 日本文化体験
  2. 舞台鑑賞と特別授業
  3. 身体表現文化
  4. 地域文化研究
  5. 日文研究会

卒業生の進路

日本文化学科で身につくスキルは、卒業後の社会人としての基礎力につながっています。

国語科教員や博物館学芸員、編集・印刷出版業、翻訳業など日本語表現・日本文化に関わる職業はもちろん、製造業・小売業などの一般企 業でも「物事を調べてまとめる」「本や資料を読み込む」「わかりやすく伝える」といった社会人としての基本的な能力を発揮できるように指導しています。

就職活動に強いワケ日本文化学科の場合

1年生「日本語レベルアップ」の授業で、社会人に 不可欠な日本語運用能力が身につく。
2年生「身体表現文化」の授業でさまざまな経験を積み、 就活時にオリジナリティのある自己PRができる。
3年生「日本文化演習」の授業で、プレゼンテーション能力が養える。
授業外「日文研究会」で、多くの人の前で発信する力 が身につく。
取得可能
な資格
  • 高等学校教諭一種免許状(国語)
  • 中学校教諭一種免許状(国語)
  • 博物館学芸員
  • 図書館司書
  • 学校図書館司書教諭
  • 社会教育主事任用資格
過去3年間の
主な就職先
  • 株式会社きらぼし銀行
  • 日本郵便株式会社
  • 多摩信用金庫
  • 明治安田生命保険相互会社
  • 株式会社ローソン
  • 株式会社伊藤園
  • 株式会社ノエビア
  • 株式会社パレスエンタープライズ
  • 株式会社日本レストランエンタプライズ
  • 株式会社TATSUMI
  • 鉄建建設株式会社
  • 東京都教育委員会(中学校・高等学校)
  • 静岡県教育委員会(中学校)
  • 学校法人矢野学園 八王子実践中学校
  • 府中市役所
  • 上越市役所
  • 警視庁
  • 防衛省

もっと知りたい方は...

明星大学の大学案内を
無料でお送りします!

資料請求する

入試について

平成31(2019)年度
一般入試・センター利用入試は

1/4(金)より出願開始

全日程インターネット出願が可能インターネット出願へ

一般入試は全国14会場で受験可能

  • 日野キャンパス
  • 仙台
  • 宇都宮
  • 新潟
  • 長野
  • 高崎
  • 水戸
  • さいたま
  • 東京東部
  • 千葉
  • 甲府
  • 横浜
  • 小田原
  • 静岡

※宇都宮、小田原は前期のみ、高崎は前期・中期のみの設置となります。

SNSでシェアする

TOP