デザイン学部

デザイン学科

ヒト・コト・モノを
つなげていく
“私”になる。

デザインの本質とは?デザインの本質とは?

社会のあらゆる場面で、
ヒト・コト・モノを
上手につなげて機能させ、
最良の結果を得るために企画し
表現することが
「デザイン」の本質です。
あらゆる事象が
移り変わる現代社会では、
今後ますます「デザイン」の力が
求められるでしょう。

 

 

社会とつながる
デザイン”を
学ぶなら、
明星大学がいい。

 

明星大学のデザイン学部デザイン学科は、
ヒト・コト・モノを
上手につなげて企画・表現する、
社会とつながるデザイン力を育てます。

インターンシップ
受け入れ企業

50

明星大学の
デザイン学部だから学べる

3つのポイント

ポイント
1

「企画×表現」で
社会とつながるデザイン

社会の中のあらゆるものは「デザイン」の力が大きく活かされていますが、大事なのは社会とつながるための「企画」と「表現」だと考え、実践的な学習で「デザイン」を見つめます。

ポイント
2

「初めて」から
6つのステップで
「卒業研究」まで

カリキュラムの根幹となる必修科目「企画表現」では、1年生前期から3年生後期まで、半期ずつ6つの演習科目を段階的に履修します。聞く、書く、見る、考えるといった基本から学び、企画して表現する力を養うことで、「ビジネス」にデザインの考え方や表現が活用できる人になっていきます。

ポイント
3

自由に選べる
6つのデザイン分野

企画と表現の実践力を発揮するデザイン分野として、「グラフィック」「マンガ」「メディア」「プロダクト」「インテリア」「ファッション」の6分野をすべて体験でき、2年生からは自ら選びさらに専門的に学んでいくことができます。

明星大学ならではの
一人ひとりに合った

入試制度

全日程インターネット出願

平成31(2019)年度
一般入試/センター利用入試は

1 / 4 (金)より
出願開始

一般入試は、
全学部共通問題(受験科目は当日選択可能)
全問マークシート方式

 

明星大学ならではの
併願割引制度

パターン 

学科併願

同一入試区分内の全ての学科に対して、
併願1学科につき《一般》10,000円、
《センター》5,000円で出願できます。

パターン 

目的別まとめ割

目的別まとめ割に分類された複数の学科を、まとめて1学科分の検定料で出願できます。
受験者の負担を軽減し、将来の夢に近づくお得な割引制度です。

パターン 

後期併願割引

3月後期試験において出願学科・志望順位が後期B方式と後期BC方式で同一の場合、1方式分の検定料でB方式とBC方式それぞれから判定が受けられます。

 

明星大学ならではの
奨学金制度

以下は一例です。

4年間の学費を減免する
明星大学特待生
奨学金制度
41
まで
センター利用
スカラシップ入試制度
20
まで
通学費を4年間支給する
通学支援奨学金 最大
240
まで

数字で見る!

デザイン学科

インターンシップ
受け入れ企業

50

社会人の基礎力をつくる
インターンシップ

「インターンシップ」は、仕事の現場で働くことで社会人として必要な力を養うプログラムです。明星デザインでは、「2週間」という長期間を基本とするインターンシップに約半数の学生が参加。受け入れ先企業はデザイン学部で開拓した企業約50社。多摩地域の企業から大手企業まで幅広く、デザインスタジオ、広告、出版、製造、コンサルティングなど業種もさまざまです。インターンシップ先では、ひとりの受け入れ担当者とさまざまな作業を共にする「ジョブシャドウ」という方法で、職場のさまざまな仕事を体験し、個々の仕事の意味や必要性について理解します。実際に現場を経験することで、就職活動の際にリアリティをもった企業選びにつながるだけでなく、社会に出てからも自分に合った働き方を見つけることに役立ちます。