明星大学コミュニケーションマークが制定されました

シンプルなデザインのなかに本学のアイデンティティを表現

2018/04/02 公開

明星大学

 明星大学では、教育研究活動・課外活動・地域交流活動などを通じてさまざまな場面で社会とのかかわりをもっています。
 また、これらの取り組みを広く伝える際には、学生・教職員の言葉や行動などももちろんですが、色やマークといった視覚的な手段が重要な役割を果たします。
 そこで、明星大学をより多くの人々に知ってもらうためのツールとして「コミュニケーションマーク」を制定し、2018年4月からを使用することになりました。

明星大学コミュニケーションマーク

明星大学コミュニケーションマーク

 
マークには、次のような意味などが込められています。

  • 校訓「健康」「真面目」「努力」の三本柱をモチーフに、明星大学の頭文字の「M」を表現しています。
  • 「M」の文字は伝統的な「ブラックレター」という書体を彷彿させ、1923(大正12)年から100年近く続く明星学苑の伝統をあらわしています。
  • 「安定」や「信頼」につながる太めの縦線が右肩上がりになっており、明星大学がより「成長」していくという願いが込められています。
  • 右肩上がりは「発展」「飛躍」するさまを伝えると同時に、「教育の明星大学」で学ぶ学生の成長を表現しています。
  • 英文表記と組み合わせることによって「めいせい」と読めるよう、校名ロゴタイプとの調和を重んじて設計されています。

 コミュニケーションマークは、今後大学から発信する制作物などに使用してまいります。学生・教職員のみなさんには公式の用途だけでなく、内外に発信する様々な媒体で積極的に使用していただくことを期待しています。
 シンプルなデザインのなかに、多くの思いが詰まったコミュニケーションマークをどうぞよろしくお願いいたします。

2018年4月
明星大学 学長 大橋 有弘


マークの使用にあたっては、使用方法等をご案内いたしますので、学長室広報課までお問い合わせください。