前のページに戻る

「キャリアデザインB」

 「キャリアデザインB」(学部学科横断科目)は、卒業後、職業に就いて働いていくために必要な基礎的知識を習得することを目的としています。専門家(弁護士、社会保険労務士、フィナンシャルプランナー等)をゲストで招き、社会で直面する問題のケースを取り上げて検討することで、現実的態度を身につけます。チームでの話し合いや専門家へのプレゼンテーションも実施し、主体性や積極性も育成します。

履修者の声

■色々な分野から話を聞けて自分に役立つ情報が手に入った。

■これから就活なので、社会についてお金や仕事、法律などの勉強になった。

■グループワークをして、自分の考える視点と他の人の視点が知れて面白かった。

■会社に入ってみなければ分からないことも沢山あるけど、事前少しでも知識があるのは自分のためになると思った。