前のページに戻る

発達支援研究センター

施設紹介

発達支援研究センターは、発達障害に関する学術調査・研究を推進することにより、発達障害への支援に関する知見を蓄積・発信することをもって、明星大学及び社会に貢献することを目的として、2014年4月に開設されました。

発達障害とは

発達障害とは、社会性やコミュニケーション、不注意や衝動性、学習(読み書き等)などに特異的な困難を有する、脳機能の発達が関係する生まれつきの障害です。

主な活動内容

発達障害に関する学術調査・研究、並びに成果の発信
発達障害に関する教職員に対する研修等の啓発活動
高等教育機関に在籍する発達障害のある学生に対する支援方法の研究開発

お知らせ

2019年度 明星大学発達支援研究センター国際講演会(11月16日)のお知らせ

日本において主な心理検査であるWISC-IVの権威であるジョージ・マクロスキー博士を米国より迎え、下記の要領で学術講演会を開催します。講演は逐次通訳をつけて行います。ご参加には事前のお申し込みが必要です。

開催日時:2019年11月16日(土)10時~16時30分 ※受付開始・開場:9時
会場:明星大学日野校26号館1階101教室
講演題目:『実行機能に困難のある児童生徒のアセスメントと介入—認知神経心理学に基づく「子どもの学習・行動に変化を促す技法論」—』
講師:ジョージ・マクロスキー博士
参加費:5,000円
定員:150名 ※定員になり次第締切にさせていただきます。
申込方法:下記の「申込フォーム」よりお申し込みください。
明星大学発達支援研究センター国際講演会申込フォーム

2019年度講演会案内(PDF:833KB)

明星大学発達支援研究センター紀要MISSION 投稿論文募集

明星大学発達支援研究センターでは、紀要MISSIONを年1回発刊しております。発達支援研究センターでの研究テーマに関連する投稿論文を、学内外より広く募集しております。以下の「募集要項」をお読みの上、奮ってご投稿ください。

お問い合わせ

16号館3階
TEL:042-591-5993
FAX:042-591-5324
e-mali:gad-mission@ml.meisei-u.ac.jp

事務受付:月・火、木~土 9:00~17:00
※祝祭日・大学休校日はお休みとなります。