前のページに戻る

キャンパスで安心して教育・研究活動を続けるために ——感染防止対策協力のお願い——

 明星大学では、今般のコロナ禍のなか、「学生及び教職員の生命及び身体の安全確保を最優先とする」と「学生の学修の機会を保障するため可能な限り学事を実施する」の両立を図りつつ、教育活動を継続しております。
 また、日野校に入構するすべての皆さんの安全と安心を確保するために、入構者全員を対象とする検温を行っておりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
 詳細については、キャンパス内の掲示をご覧ください。

検温場所

  • モノレール(南門)からお越しの方  体育館(25号館)にて検温を実施
  • 正門からお越しの方  26号館にて検温を実施

検温の様子

施設内の感染防止対策

 キャンパス内での感染防止対策の一例として、次のような取り組みも行っております。

消毒液の設置

消毒液や検温装置を導入しています

消毒液や検温装置を導入しています

座席の間引き

椅子を間引き、空間を確保しています

椅子を間引き、空間を確保しています

使用可能な椅子を掲示で区分けしています

使用可能な椅子を掲示で区分けしています

飛沫防止対策

飛沫防止パネル

カウンターに飛沫防止シートを設置しています

飛沫防止パネル

面談ブースに飛沫防止パネルを設置しています

その他の取り組み例

ディスタンス

間隔を保つための掲示

ディスタンス

間隔を保つための掲示

対面授業受講時の注意

対面授業を受講する際の注意喚起