2018年11月20日(火)、建築学系(加藤隆久研究室)の学生7名が必修科目「プロジェクトVI」の一環で愛知県名古屋市を中心に建築物(名古屋城本丸御殿、名古屋城北西隅櫓、オアシス21、名古屋市美術館、名古屋市科学館)を見学しました。
 見学の事前準備として授業で日本住宅史を学び、今回の主題である書院造の建築史における特色を確認しました。またオアシス21のガラス詳細図を使って、特色ある構造を学ぶことで、実物を見た際にガラスの荷重が地上に伝わる力の流れをより深く理解することができました。

▼オアシス21
▼名古屋城本丸御殿
▼名古屋市美術館