アートの祭典「おくてん OKUTAMA ART FESTIVAL」にて、2018年9月30日と10月14日の2日間、作品展示を行います。これは、夏に行ったワークショップ「おくたまこども大作戦」で子どもたちが作った作品の展示で、「おくたま 森の工作室」のオープンイベントも兼ねて行われます。

 旧古里中学校を改装して作られた奥多摩日本語学校。校内には中学校時代の面影を残し、どこか懐かしい雰囲気の技術室があります。そんな技術室を「奥多摩を盛り上げられるような、みんなが集まり繋がれる場所にできないか?」と学生たちが1年間かけて企画を考え「おくたま 森の工作室」としてオープンさせました。工作室は『遊べる 学べる 集まれる』をコンセプトに、人と人を繋げてくれる素敵な場所になっています。

 夏休みの4日間、工作室のコンセプトである『遊べる 学べる 集まれる』を体験できるワークショップイベント「おくたまこども大作戦」を行いました。最終日にたくさんの人を日本語学校に集めて晩餐会を開くため、子どもたちと学生が一緒にミッションにチャレンジしてみんなが集まれる場所を作っていく!というのがワークショップの内容です。ワークショップは大盛況で、最終日には人と人とが交流し合える晩餐会を開くことができました。

 そして9月30日と10月14日の2日間、「おくたまこども大作戦」で子どもたちが作った作品を展示します!また、「おくたま森の工作室」に来場してくださった皆さんが『遊べる 学べる 集まれる』を体現出来るような場所を作ってお待ちしています。ぜひご来場ください。

展示日時・場所

日 時:2018年 9月30日 (日) 10:00から17:00まで
    2018年10月14日(日)10:00から17:00まで

場 所:奥多摩日本語学校(旧古里中学校)工作室
    〒198-0102 東京都西多摩郡奥多摩町川井594

お問い合わせ先

明星大学デザイン学部「おくたまこども大作戦」係
mission.okutama@gmail.com