2017年11月11日(土)、物理学系の教員2名と実験補助の学生3名が明星中学校・高等学校にて中学生・高校生向けに特別講義を実施しました。

 「温度を測る」というテーマで、温度の定義やさまざまな温度計について実験を交えながら授業を行い、液体窒素を使った抵抗の実験や超伝導体を磁石の上に乗せる実演、ガリレオ温度計の実物を使った説明は生徒たちに好評でした。

参加者

山口 俊久(物理学系教授)
高重 正明(物理学系教授)
清水 俊希(物理学専攻 博士前期課程 1年生)
町田 瑞季(総合理工学科 物理学系 4年生)
八木澤 摩耶(総合理工学科 物理学系 4年生)