2016年12月23日(金・祝)に、本学にて入学予定者を対象にした入学前教育を実施しました。当日は、プレテスト、大学生活スタート講座に続いて、各学科ごとに学科交流会が行われました。

 日本文化学科では、先輩達から学科科目、テストやレポート、取得できる資格の紹介や学生生活など、多岐にわたって話がありました。その中でも日本文化学科の特長の一つである授業科目「自立と体験2」についての紹介では、日本文化を実際に体験する競技カルタや能楽など、自ら身体を動かしたり、声を出ししたりした先輩達の説明に、入学予定者の皆さんは興味深く耳を傾けていました。

 また、教職を目指す入学予定者の方が多く、教職科目を履修している先輩から、資格取得の勉強方法について体験談が語られました。
 日本文化学科では、本を読む事を大切にしており、今から、沢山の本を読んでおいた方が良いとのアドバイスもありました。

 さらに、教員からは、学芸員資格でできることと、将来は学芸員として就職はしなくても資格の勉強を通して、日本文化の教養をより深める事ができるという説明がされました。

 参加された入学予定者の皆さんは、入学する4月が楽しみになったのではないでしょうか。