金子慶之教授が、一般社団法人 日本地質学会「2016年日本地質学会国際学術論文Island Arc賞」を、下記の共著論文にて受賞いたしました。

日本地質学会とは、地質学の発展や普及を目指して、今から100年以上前の1893年に創立されました。大学をはじめ研究機関の研究者や学校の先生など地質学が好きで勉強している人など約3800人が所属し、この分野を包括し、日本の地球諸科学関連学協会の中で最大規模の学会です。

(共著論文):Shinji Yamamoto, Tsuyoshi Komiya, Hiroshi Yamamoto, Yoshiyuki Kaneko, Masaru Terabayashi,
Ikuo Katayama, Tsuyoshi Iizuka, Shigenori Maruyama, Jingsui Yang, Yoshiaki Kon and Takafumi  Hirata,2013,
Recycled crustal zircons from podiform chromitites in the Luobusa ophiolite, southern Tibet.Island Arc, 22, 89-103.