情報学科では、平成29(2017)年度AO9月入学試験にて「小論文」の他に「プログラミングに関する口頭試問」が選択できます。詳細につきましては、学生募集要項をご確認ください。

プログラムに関する口頭試問

出願者自身で作成したプログラムに関する理解度や知識について口頭試問を行います。
試験時間は、提出されたプログラムの動作確認及び説明に3分程度、口頭試問12分程度の予定です。

注意事項

①プログラミング言語はwebブラウザで動作するJavaScriptを使用してください。
②外部との通信を必要とするものは認めません。
③以下のディレクトリ(フォルダ)構成で記録媒体(CD-R、DVD-R、USBメモリ)に保存してください。
・srcディレクトリ(全ソースコード)
・実行中の様子を3分以内で撮影したデモ動画ファイル(任意提出)
④Windows、Mac OS XまたはLinuxで動作確認してください。
⑤公開されているソフトウェアを参考にしても構いませんが、利用の可否は出願者自身にてライセンスを確認してください。
⑥口頭試問中にソースコードの内容についての質疑応答を行うので、面接官・出願者が容易に読める形式にしてください。

※口頭試問にてプログラムの動作確認を行います。
※本学にて用意したパソコンにて行います。
※提出したプログラムファイルは必ずバックアップをとり、試験当日にバックアップデータを保存したUSBメモリをお持ちください。

オープンキャンパスにて「プログラミング体験教室」を開催します。

7月31日(日)、8月7日(日)のオープンキャンパスにて情報学科では「プログラミング体験教室」を開催します。詳細につきましては、受験生応援サイトをご確認ください。