平成28年2月27日(土)、たま工業交流展実行委員会 (立川商工会議所) が主催する「たまロボットコンテスト」に、情報学部の飯島純一教授が審査員として参加しました。

このイベントは、小中学生がものづくりの楽しさを実感できるようにするために企画されました。
当日は、プログラミングロボット(プロロボ)で黒いラインをたどり(ライントレース)、ゴールまで辿り着く早さを競うトーナメント方式の勝ち抜き競技が行われました。

写真は、30チームが参加した小中学生部門の講習会と試走会の様子です。
(高校生部門は7チームが参加)

イベントについての詳細は、
最下部の関連リンク【たまロボットコンテスト】をご覧ください。