平成28年2月2日に人文学部心理学科高塚雄介教授が、今年度末のご退任にあたり退任特別記念講演を行いました。
当日は、心理学科生をはじめ、一般の方も聴講に来られました。
講義では、高塚教授の生い立ちから臨床心理学を志すまでの途や、「察し」の能力が弱くなってきた今日の若者の傾向などをお話ししていただきました。

若者の引きこもり・自殺などに着目し、常に「弱者」へ心を寄せてきた高塚教授のご講義を、学生・教職員・一般の方々は熱心に聞き入っていました。