デザイン学部では国際交流を促進するため、2016年5月14、15日に西本学部長とデザイン学部3年生の5名で台北のワールドトレードセンターを訪れ、台湾中のデザイン学部の学生の卒業制作が一堂に展示される第35回YODEX(ヤングデザイナーズ・エキスポ)を見学してきました。

 今回のツアーは、2015年12月に台湾の高雄市にある樹徳科技大学デザイン学部から、国際交流の打診があったことがきっかけとなって実現したもので、YODEXの会場では、樹徳科技大学の学生たちが、デザイン学部の学生たちのために、ひとつひとつ熱心に卒業制作のコンセプトなどを説明してくれました。

 YODEXは台湾の約100の大学が集まる世界最大規模のデザイン展で、樹徳科技大学はその会場でも最も大きなブースをもっており、作品のレベルも高く、デザイン学部の学生にとって大きな刺激となりました。

 翌日は、台北市立美術館でイギリスの最先端のデザインを紹介する展示会を見たり、台湾デザインセンターを訪問したりと、わずか2日間とは思えないほど充実したツアーとなりました。