平成27年7月20日(月)~24日(金)、フランス・トゥールーズで開催された「第9回国際都市気候会議(ICUC9)」で、理工学研究科 環境システム学専攻 博士前期課程2年 山川洋平さんと亀卦川幸浩教授が研究発表を行いました。

タイトル:「Study on measures for adaptation to future climate change in a Japanese major city Nagoya using pseudo global warming downscaling method」
(著者:Y. Yamakawa, Y. Kikegawa, S. Aoki, H. Kondo, Y. Takane, M. Hara, S. Iizuka)

タイトル:「Comprehensive validation of a simulation system for simultaneous prediction of urban climate and building energy demand」
(著者:Y. Kikegawa, Y. Ohashi, T. Ihara, M. Nabeshima, Y. Shigeta)