日本経済新聞の平成27年7月22日夕刊内のコラムに、人文学部心理学科高塚雄介教授のコメントが掲載されました。
インターネットの交流サイト(SNS)が、マルチ取引の手段として利用されており、利用者である若者が抵抗感なく知人に紹介するなどして、無自覚にマルチ取引被害を広げているという現状について指摘されています。