宮本靖祥選手、ミドル級王者決定戦KO勝利 2冠達成
キックボクシング同好会 団体3位入賞

平成24年11月24日に 後楽園ホールで開催された「第77回全日本学生キックボクシング選手権大会」において、宮本靖祥選手(4年生)は、ミドル級王者決定戦でKO勝利し、自身二度目となる全日本ミドル級王座獲得の快挙を果たしました。同選手権大会において同じ階級を二度制覇したのは史上初の快挙となります。2R 1分21秒、宮本選手の左ミドルキックが炸裂、見事なKO勝利でした。
また、伊藤健人選手(2年生)は技能賞を受賞、本学キックボクシング同好会は団体三位入賞。多くの方の応援が力になりました。本当にありがとうございました!