明星大学を一人でも多くの方に知っていただきたい。
という思いから、平成24年8月22日(水)の日本経済新聞に、
「教育の明星大学 世評ではなく、教育で選ばれています。」
の広告出稿を行いました。

7月11日、8月2日に続き、第3回目にあたる今回の広告は、人文学部3年に在籍する学生「林 望美さん」をモデルに起用し、明星大学28号館図書館で撮影を行いました。

2007年に新設された28号館図書館は、学生生活のプラットホームとも言うべき、日野市の広大なキャンパスの中央に位置しています。図書館の中には、コンピュータで完全制御された大規模書庫があり、学生はパソコンからデータ検索をして、ワンクリックで読みたい図書を出庫できます。

約88万冊という蔵書数を誇る明星大学図書館は、世界的に見ても大変貴重な稀覯本も所蔵しており、学生が授業で使用したり、教員の研究資料として活用したりしています。

今後とも「教育の明星大学」を知っていただくために様ざまな活動をして参ります。
引き続き、皆さまの温かい応援をお願いいたします。

新聞広告掲載 概要

【掲載日】 平成24年8月22日(水)

【媒 体】 日本経済新聞 朝刊 (首都圏)

【掲載面】 32面 10段4色カラー