吉澤教授(総合理工学科 環境・生態学系)の研究の一つである炭を堆肥と共に畑の土壌に混ぜ、その土壌で栽培する野菜「クールベジタブル」に関する内容が、8月26日(金)の読売新聞に掲載されました。記事には炭を含ませた土壌で栽培する野菜クールベジタブルは「地球を冷やす野菜」という吉澤教授のコメントなどが紹介されています。