前のページに戻る

プレスリリース情報科学と音楽の融合 ~明星大学情報学研究科が「TAMA Music Festival 2020」を開催~

【明星大学】

 明星(めいせい)大学(東京都日野市)情報学研究科は、音楽とコンピュータ・エレクトロニクスに関する公開シンポジウムとして「TAMA Music Festival 2020」を開催します。

 本シンポジウムは、現代音楽および電子音楽の作曲家自らが作品の楽しみ方・聴きどころを解説するもので、最先端の実験的音楽を聴ける・見られる機会とします。情報科学分野と芸術学分野の専門家が共同でオーガナイズに関わることで学際的な分野の振興を図り、学術的な観点からアプローチします。

「TAMA Music Festival 2020」実施概要

開催日時

2020年1月11日(土)~12日(日)

開催場所

明星大学日野校 28号館1階スタジオ

参加費

無料

主催

明星大学情報学研究科、情報学部

企画オーガナイザー:TAMA音楽フェスティバル実行委員

横山真男(明星大学)、キャシー・コックス(国立音楽大学)、ジョナサン・リー(玉川大学)、平山晴花(玉川大学)、佐藤亜矢子(東京藝術大学)

イベントスケジュール

1月11日(土)…弦楽アンサンブルと電子音楽・数理音楽
13:00~コンサート1
15:00~研究発表
16:45~コンサート2

1月12日(日)…ライブ電子音楽、コンピュータと楽器の協演
13:00~コンサート3
14:45~基調講演「インタラクティブ・コンピュータ音楽:コンピュータと楽器の協演」
15:45~研究発表
17:00~コンサート4

申込み・詳細

下記「関連リンク」参照