前のページに戻る

【理工学部】「ふちゅうテクノフェア」でレスキューロボットの展示と実演をしました

【理工学部支援室】

 2019年10月18日(金)から19日(土)まで、府中市市民活動センター プラッツで開催された府中市主催「第30回府中市工業技術展 ふちゅうテクノフェア」に機械工学系(山崎芳昭研究室)で開発している「レスキューロボット搭載用6自由度アーム」の展示と「AIを応用したバルブの自動認識と自律的バルブ操作」を実演しました。また、2018年10月に開催された「World Robot Summit 2018インフラ・災害対応標準性能評価チャレンジ」で山崎研究室が開発したレスキューロボットの活動内容と上記ロボットアームを適用する予定の「World Robot Summit 2020」への取り組み状況について紹介しました。

イベント名称

第30回府中市工業技術展 ふちゅうテクノフェア

開催場所

府中市市民活動センター プラッツ

開催日時

2019年10月18日(金)から19日(土)まで

本学からの参加者

機械工学専攻 大学院生3名(萩原 颯人、井上 啓、星野 航)
機械工学系 学部4年生3名(石川 航、小宮 拓朗、羽柴 吉真)
機械工学系 山崎 芳昭
連携研究センター 田沼 伸久