前のページに戻る

プレスリリース被災地で活動する学生の今を伝える —多摩地域4大学合同学生ボランティア報告会開催—

【明星大学】

 明星(めいせい)大学(東京都日野市)ボランティアセンターは、被災地で復興ボランティア活動を行っている学生団体の活動報告会を2019年10月5日(土)に開催します。
東日本大震災や熊本災害など平成に発災した場所で活動する学生の今を伝えるもので、多摩地域4大学(明星/中央/実践女子/首都大学東京)合同での報告会となります。

概要

■日時:2019年10月5日(土)14:00~17:00 ※途中参加、退出可
■場所:明星大学日野校(多摩モノレール「中央大学・明星大学駅」直結)32号館206教室
■プログラム
・第一部 14:00~15:00(休憩含) 活動報告会
・第二部 15:00~17:00(休憩含) 『活動の始まりと終わり』をテーマに、グループワークを行います。
東日本大震災から10年(区切りの年)がたとうとしていますが、一方では様々な災害が各地で起きています。グループワークでは、学生がどう関わって行くのか、関わったきっかけなどの始まりと今後の活動のあり方、継承、終わらせ方などを考えます。
■事前申込み不要、直接会場までお越しください。(報道機関からの取材のお申し込みは前日までに学長室広報課042-591-5670へお願いいたします。)
■主催:明星大学ボランティアセンター(042-591-6231)