前のページに戻る

プレスリリース明星大学建築学部を2020年4月に開設

【明星大学】

※2019年4月に文部科学省へ届出書を提出したため、初出時(2019年1月9日)から一部内容を補足してあります。

※内容は予定であり、変更する場合があります。

 

現代的課題に「建築のチカラ」で挑む人材を育成

 明星(めいせい)大学(東京都日野市)は、多岐にわたる現代的課題に「建築のチカラ」で挑む、「建築のプロフェッショナル」の育成を目的として、2020年4月に「建築学部」を設置することを予定※1しています。建築学部では、専門知識・技術と幅広い教養、課題解決のための実践的な学びを用意するとともに、多様な課題にアプローチする発展的な研究を展開し、現代的な建築課題の解決に挑んでいきます。

 近年、社会構造の変化、災害の頻発などにより、建築環境を取り巻く課題は多様化・複雑化しています。明星大学では、こうした多岐にわたる現代的課題に取り組む人材の育成が必要だと考えています。2020年4月開設予定の建築学部では、時代や環境の変化に対応した、安全、健康かつ快適な建築、住宅、都市空間を創出・提供できる人材を育成し、最適な建築環境を作り出す「プロフェッショナル」の育成をめざしています。

(1)学びの特徴

建築学部教育課程概念図

 建築の新しい課題を解決するためには、特定の分野に偏らない幅広い教養的知識や建築学の専門知識と技術、発展的知識を育むことが必要と考え、広範で高レベルの知識や技術を体系的に身につけられるカリキュラムを用意します。

 「基礎科目」、「専門基幹科目」、「専門発展科目」を設定しながら、4年間を通して段階的・系統的に学ぶ「設計・製図」科目を配置して実践的な力を磨きます。さらに、広範な教養科目も用意し、幅広い視野と思考を獲得することをめざしています。

 また、学生の進路を見据え、「専門発展科目」では、「建築デザインモデル」「住宅デザインモデル」「建築都市エンジニアリングモデル」の3つのモデルを設置。建築デザイン(意匠)などを中心に建築を総合的に学ぶモデル、インテリアなどへの理解も深めながら住宅建築に関して学ぶモデル、大規模建築や都市などの強度や安全性を追求するモデルを設置することで、将来、社会の広範なフィールドで活躍できる人材を育成します。

(2)大学の教育理念に根ざした体験型の学び

 明星大学は、現在8学部11学科と5つの大学院研究科、通信教育部をもつ総合大学です。1964年の開学当初より、実際の体験を通じて知識や技術を身につける体験型教育を重視してきました。この経験と実績を活かし、建築学部でもアクティブ・ラーニングや、地域や企業と連携した「外へ出て行く学び」を積極的に行っていく予定です。建築学部では地元の日野市の商工会との産学連携による建築施工の実習なども予定されています。

(3)将来の進路イメージ

 建築学部で学ぶ学生は、幅広い教養と建築学の専門知識と技術、課題解決能力をもち、広範な進路選択が可能になることが予想されます。

明星大学建築学部(2020年4月開設予定)の概要

※リリース日現在の予定であり、変更になる場合があります。

名称:
建築学部 建築学科
学位:
学士(建築学)
入学定員:
120名
収容定員:
480名
設置場所:
明星大学日野校 東京都日野市程久保2-1-1
開設時期:
2020年4月(2020年度入学生から)
学費(初年度納入金):
1,618,600円(予定、入学金を含む)
取得可能な資格(受験資格):※は実務経験を要します。
  • 一級建築士(国家資格)
  • 二級建築士(国家資格)
  • 木造建築士(国家資格)
  • 1級建築施工管理技士(国家資格)※
  • 2級建築施工管理技士(国家資格)※
  • 1級造園施工管理技士(国家資格)※
  • 2級造園施工管理技士(国家資格)※
  • 1級土木施工管理技士(国家資格)※
  • 2級土木施工管理技士(国家資格)※
  • 1級管工事施工管理技士(国家資格)※
  • 2級管工事施工管理技士(国家資格)※
  • 1級電気工事施工管理技士(国家資格)※
  • 2級電気工事施工管理技士(国家資格)※
  • 建築設備士(国家資格)※
  • コンクリート技士・主任技士(民間資格)※
  • コンクリート診断士・コンクリート構造診断士(民間資格)※

一般の方からのお問い合わせ

 明星大学 アドミッションセンターまでお願いいたします。
 電話042-591-5793

報道機関からのお問い合わせ

 明星大学 学長室広報課までお願いいたします。
 電話042-591-5670

現在の明星大学の学部・研究科(2018年度)

学部
理工学部総合理工学科、人文学部[国際コミュニケーション学科、人間社会学科、日本文化学科、福祉実践学科]、経済学部経済学科、情報学部情報学科、教育学部教育学科、経営学部経営学科、デザイン学部デザイン学科、心理学部心理学科
大学院
理工学研究科、人文学研究科、情報学研究科、経済学研究科、教育学研究科
通信教育部
教育学部教育学科、通信制大学院教育学研究科