前のページに戻る

デザイン学部の取り組みが東京新聞で紹介されました

【学長室広報課】

 東京新聞(多摩版)で、デザイン学部の取り組みが紹介されました。紹介されたのは、「日野焼きカレーパン」を紹介するタグ。デザイン学部の3年生が、2018年前期の授業「企画表現演習5」で取り組む課題「日野市活性化プロジェクト」のひとつとして、日野市の特産品の売り出し方をプレゼンテーションした結果、日野市に採用されたアイディアです。(指導教員:吉岡聖美准教授)
 取材時には、担当したチームのメンバーが一同に介し、タグを考案するまでのプロセスや、苦労した点などをなごやかに紹介していました。

概要

・媒体名:東京新聞(多摩版)2018年12月18日(火)朝刊(20面)
※記事の詳細は、下部関連リンクより「東京新聞TOKYO Web」でご覧いただけます。

▼「日野焼きカレーパンのタグ」を考案したチームメンバー

「日野焼きカレーパンのタグ」を考案したチームメンバー

▼東京新聞の取材に応じる学生たち

東京新聞の取材に応じる学生たち

▼学生たちが考案した「日野焼きカレーパン」のタグと、イベント提案の模型

学生たちが考案した「日野焼きカレーパン」のタグ
イベント提案の模型