前のページに戻る

【情報学部】情報学部オープンラボにてワークショップを開催します

このコンテンツは最終更新日から6カ月以上経過しています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

【情報学部支援室】

情報学部オープンラボとは

 明星大学情報学部の機材や教室を一般公開し様々な人の学びの場を提供しています。また利用者同士の交流の場として活用する予定です。

JAM(ジャム) とは

 情報学部オープンラボで行われるイベントの一つで、多種多様な講師による公開講座・ワークショップシリーズです。
 今回は講師である大石彰誠が過去に行った上坂すみれライブ演出でのLED衣装制作の経験などをもとに、アクリル板に描いたイラストを光らせるLEDランプを制作します。アクリル板のイラストはこちらで制作した参加者自身の顔のポリゴンイラストデータをお渡しいたしますので、そのデータからレーザーカッターで各自彫刻します。希望者は自分が描いたイラストデータや写真から出力したデータでカットすることも可能です。ワークショップ後はご自身で制作したランプと顔データは差し上げますので、ご希望の方はUSBメモリなどをご持参ください。
 開催概要は以下のとおりです。

自分の顔が光る!光らせる!! オリジナルランプを作ろう

日時

2018年12月19日(水)10:45~17:00

スケジュール概要

11:00~ ものづくりについての講座
11:30~ 実際に手を動かしArduino入門
12:30~ お昼休み
13:30~ レーザーカッターについての説明
14:00~ ランプ制作

場所

明星大学日野校 28号館1階122教室

講師

大石 彰誠
※明星大学情報学部非常勤講師
 メディア・アート作品や広告プロジェクト、ライブイベント演出などにおいて(ハード/ソフトウエア)エンジニアとしてフリーランスで制作を行う。また、Maker Faire Tokyo にてサウンドパフォーマンスイベントの運営協力やパフォーマンス、電子楽器をつくるワークショップなど音とDIYに関する活動も行なっている。

参加条件

本学学生もしくは一般の方(高校生以上)

参加方法

下部「関連資料」内フライヤーのQRコードよりお申し込みください。

問い合わせ先

「公開講座JAM」担当
amaoka@is.meisei-u.ac.jp