前のページに戻る

【デザイン学部】「デザインセッション多摩2018」開催のお知らせ

【デザイン学部支援室】

デザインセッション多摩2018
Design Session Tama
DeST デスト

都市農業をデザインする?

 自分たちの暮らしの目的地を探る「デザインセッション多摩(DeSTデスト)」。地域をリサーチして、課題を明確にして、資源を活用して、魅力を引き出して、アイデアを出し合い、価値を創造して、自分たちが目指す目的地に近づいていく。個性的な30市町村があり、約420万人が暮らす東京の西側に位置する「多摩」。この地域で、デザイナーをはじめ、農家、商店主、経営者、会社員、公務員、学生など、この地域に住み、働き、学び、遊ぶ人など、共感する仲間がつながり、共に考え、できることを持ち寄り、デザインの力を活かしたプロジェクトを増やしていくためのプラットフォームです。

2018年のテーマは、「都市農業」

 今年のテーマは、法律の改正もあり注目の集まる「都市農業」。多摩は、戦後に爆発的に新住民が増え、畑や田んぼ、雑木林や里山が、郊外住宅地になりました。都市計画法では、市街化区域内の農地は、宅地化すべきものとされてきました。2015年7月「都市農業振興基本法」が成立し、市街地及びその周辺の地域で行われる農業と農地を、農作物の供給だけでなく、体験や教育、防災、緑地の提供など多面的な機能を担うものとして推進することになりました。都市の農地をどう活用したら、魅力的なまちになっていくのでしょうか。地産地消、6次産業化、コミュニティガーデンなどなど、アイデアを持ち寄って、様々な立場から、前向きに話し合う機会になれば幸いです。

「デザインセッション多摩(DeSTデスト)」は、2部構成

 1部の「トークセッション」では、戦後からの「都市農業」の変遷についての理解を深め、様々な事例から、多摩地域の課題を再確認しながら、この地域における「都市農業」の可能性について話し合います。
 2部の「ワークセッション」では、地域で活動する10人のクリエーターがリーダーとなり、農業、行政、企業、市民、学生など多様な人がグループで、「都市農業」を活かしたプロジェクトを考えます。

目的

地域におけるデザインの可能性を考える
地域のデザインネットワークをつくる
地域にデザインを活かした活動を増やす

こんな人に参加してほしい

地域を良くするために地域で活動している人
これから地域で活動したいと思っている人
地域にデザインの力を活かしたいと考えている人

開催概要

日時

2018年12月8日(土)9:30~19:00

会場

明星大学日野校 32号館
(〒191-8506 東京都日野市程久保2-1-1)

定員

1部 トークセッション(9:30~13:00):200名
2部 ワークセッション(14:30~19:00):60名

参加費

無料

申込方法

 下部「関連リンク」の申込フォームよりお申し込みください。
1部:申込先着順
※定員になり次第締め切ります。
2部:抽選 申込締め切り11月25日(日)
※ご参加いただける方にはご連絡します。

お問い合わせ

042-591-5230(デザイン学部支援室)
koukai@design.meisei-u.ac.jp

イベント詳細

トークセッション・パネラー

高橋金一 JA東京中央会特別顧問、小金井市農業委員会会長
 「時代の変化に対応するのではなく、変化を作り出せ」(安藤百福)。いま都市農業は、その存在を認められ、様々な法整備が整いつつあるのが現状です。最大の課題は、農業者が現状を正しく認識し、変化を作り出す知恵と行動を起こせるかにかかっています。そんな期待を胸に秘めて行動をしている農民です。

小野 淳  株式会社 農天気 代表取締役農夫
 1974年生まれ。神奈川県横須賀市出身。NPO法人「くにたち農園の会」理事長 東京国立市のコミュニティ農園「くにたち はたけんぼ」「子育て古民家つちのこや」などを拠点に幅広い農サービスを提供。 NHK「菜園ライフ」監修・実演。著書に「都市農業必携ガイド」「東京農業クリエイターズ」など

舩木翔平 いちじく農家
 1987年生まれ。東京農業大学を卒業。八王子初の新規就農。農業事業会社を立ち上げ、野菜販売や農業体験イベントを多数開催。2017年からは、「東京いちじく」としてプロジェクト進行中。2018年からは、(一社)畑会を立ち上げ、生産者と消費者との繋がりを作る活動やイベント企画している。

江藤 梢  株式会社コトリコ代表取締役
 「地域×デザイン!」を掲げ、主に第一次産業・職人仕事・福祉の分野で[1]ブランディング[2]グラフィックデザイン[3]ワークショップの3事業を展開。価値創造のためのルールをクライアントと共にデザインし、クリエイティブに拡散している。

南部良太  農業デザイナー
 国分寺市在住。国分寺市がはじめた「こくベジ」の運営メンバーに。途中からアートディレクターとして関わり、野菜の配達もしている。赤坂見附にオープンした「東京農村」のディレクション・デザインを担当。一般社団法人 M.U.R.A.の理事に就任。農と食をテーマに人と人のつながりを大切にしている。

佐藤美千代 せせらぎ農園主宰
 長崎県佐世保市生まれ。1998年より日野市に定住。2004年、地域住民による「まちの生ごみ活かし隊」の活動をはじめる。2008年、コミュニティガーデン「せせらぎ農園」を開設。2009年、「市民による都市農業研究会」設立。2018年、日野市まちづくり条例に基づく「農のある暮らしづくり協議会」を立ち上げ、都市計画の視点で農地保全を検討中。

企画・進行

萩原 修 明星大学デザイン学部教授/デザインディレクター
 武蔵野美術大学卒業。大日本印刷、リビングデザインセンターOZONE経て、2004年独立。日用品、店、住宅、展覧会、書籍などを企画・プロデュース。つくし文具店、コド・モノ・コト、中央線デザインネットワークなど独自のプロジェクトを立ち上げ育てる。著書に「9坪の家」「デザインスタンス」など。

ワークセッション・リーダー 

01 加藤 健介(まちづくりデザイナー / 国立市)
02 小坂 タイチ(イラストレーター・デザイナー / 三鷹市)
03 さかもと こうしろう(まちを耕す人 / 国分寺市)
04 高須賀 文子(グラフィックデザイナー / 八王子市)
05 福田 忍(グラフィックデザイナー / 東村山市)
06 古田 裕(グラフィックデザイナー / 調布市)
07 丸木 英明(まちづくり専門家 / 日野市)
08 やまさき 薫(イラストレーター / 小金井市)
09 若尾 健太郎(企画プロデューサー / 西東京市)
10 和久 倫也(建築家 / 檜原村)

ファシリテーター

天野 洋嗣

内容

第1部 トークセッション 32号館108教室 09:30~13:00

09:00 開場      
09:30~10:00 基調講演1(30分)
10:00~10:30 基調講演2(30分)
10:30~10:45 休憩(15分)
10:45~11:00 事例紹介1(15分)
11:00~11:15 事例紹介2(15分)
11:15~11:30 事例紹介3(15分)
11:30~11:45 事例紹介4(15分)
11:45~12:00 休憩(15分)
12:00~13:00 ディスカッション(60分) 

13:00~14:30 昼(90分)32号館1階多目的スタジオ
 

第2部 ワークセッション 32号館2階 大演習室 14:30~19:00

14:00 開場
14:30~15:30 ワークセッション1(60分)
15:30~15:45 休憩(15分)
15:45~16:45 ワークセッション2(60分)
16:45~17:00 休憩(15分)
17:00~18:00 ワークセッション3(60分)
18:00~19:00 交流会(60分)

主催

明星大学デザイン学部デザイン学科

協力

日野市、公益社団法人学術・文化・産業ネットワーク多摩、けやき出版、中央線デザインネットワーク、がようしラボ

企画協力

丸山 晶崇、長島 剛、鈴木 幹雄

グラフィックデザイン

丸山 晶崇

ウェブデザイン

榊原 彰

映像編集

けやき出版