前のページに戻る

プレスリリース日野市の老舗「(株)紀の國屋」とのコラボレーションによる初の商品開発。 経営学部の1年生が、地元食材を使用したお菓子4品を商品化。 —10月26日から販売開始—

【明星大学】

  明星(めいせい)大学(東京都日野市)経営学部経営学科の1年生が、授業の一環で日野市の老舗和洋菓子店、株式会社紀の國屋(東京都日野市多摩平:代表取締役田窪弘子)とコラボレーション。お菓子の商品開発を行いました。
 地域と連携した体験授業を重視する経営学部には、必修科目の「自立と体験2」という科目があり、毎年テーマを設定して、企業とのコラボレーションによる学習を行っています。入学した直後の1年生全員が受講し、学部の学びの導入授業として実社会の経営を体験できることが大きな特徴です。今年は、日野市で長年地域に密着して商品を販売している紀の國屋との商品開発がテーマでした。開発した商品が実際に店舗で販売される、初めての試みとなります。
 授業では、約200人の学生が複数のチームを結成し、チームごとに、新商品のターゲットやニーズを想定し、商品開発(ネーミング・パッケージデザイン・価格設定等)に挑戦。前期授業の最後には各チームが紀の國屋に対してプレゼンテーションを行い、「実在する企業の新商品の開発」というリアルなミッションを通じてビジネスにおける基本実務の流れを体感することができました。
 経営学部のカリキュラムは、2年生から5コースに分かれますが、その一つに「多摩ブランド創生コース」があります。1年生でこのような経験をすることが、学生にとって、その後の学びやキャリア形成につながっています。
 今回、最終的に商品化されたのは、4商品。日野産のトマトを使ったグルテンフリーのマドレーヌ「トマレーヌ」、同じく日野産のイチゴを使ったプリン「ジャムパパの苺スィーツ」、多摩地域最古と言われるTOYODA BEERを使用したクッキー「金の満月」と日野産の卵を使用した和菓子「侍egg」です。下記の店舗で販売開始いたしますので、ぜひご賞味ください。

新商品「トマレーヌ」「ジャムパパの苺スィーツ」「金の満月」「侍egg」

販売概要
1.販売開始:   2018年10月26日(金)~
2.販売店舗:   和洋菓子紀の國屋 直営4店舗 (詳細は次頁)
3.販売商品:   トマレーヌ200円、ジャムパパの苺スィーツ220円
          金の満月170円、侍egg180円(価格は全て税込)
4.お問い合わせ: 明星大学 学長室広報課 電話:042-591-5670

【販売店舗詳細】
・和洋菓子紀の國屋本店
〒191-0062 東京都日野市多摩平1-5-2
電話 : 042-581-1358 E-mail : info@kinokuniya-sweets.com
営業時間: 9:00~19:00
・豊田駅前店
〒191-0062 東京都日野市多摩平1-1北口ファミーユ京王
電話 : 042-586-1358 営業時間: 9:00~21:00
・日野店
〒191-0011 東京都日野市日野本町3-13-8
電話 : 042-586-7180 営業時間: 日~木9:00~18:00 金・土9:00~19:00
・河辺店
〒198-0036 東京都青梅市河辺町7-6-2
電話 : 0428-32-3885 営業時間: 9:00~19:00

▼ネーミング、パッケージデザインも全て学生のアイディア

開発したお菓子

▼販売が決定した4商品

販売が決定した4商品

▼授業の様子

授業の様子

▼学生によるプレゼンテーション

学生によるプレゼンテーション

▼優勝チーム表彰式

優勝チーム表彰式