前のページに戻る

【デザイン学部】「2018台日国際交流:デザインワークショップ」を実施しました

【デザイン学部支援室】

 2018年9月1日から5日に台湾を訪問し、学部間提携校である樹徳科技大学デザイン学部と明星大学デザイン学部によるグローバルな視点を育てることを目的とした国際交流を行いました。
 高雄の樹徳科技大学での合同デザインワークショップでは、「高齢化社会における需要と対応」をテーマに両学生混成5チームが取り組み、短い時間の中で、それぞれ内容の濃い成果発表をしました。
 高雄から台北に移動してからも、故宮博物院、デザインツアー、街の散策等、5日間盛りたくさんの内容でしたが、学生にとって異国での協働や文化体験は、大きな経験と学びを得られ、充実した時間を過ごすことができました。

参加者

樹徳科技大学:学生15名 教員2名(講評時+5名)合計17名
明星大学:学生15名 教員3名  合計18名

日程・内容

2018年9月1日:高雄の見学、交流会
2018年9月2日、3日:樹徳科技大学にて台日混成5チームでのワークショップ
      テーマ:「高齢化社会における需要と対応」
2018年9月4日:高雄から台北に移動、故宮博物院、街散策
2018年9月5日:台湾デザインセンターとその周辺見学