前のページに戻る

【教育学部】地域貢献活動「青梅キャンプ」を行いました

このコンテンツは最終更新日から6カ月以上経過しています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

【教育学部支援室】

 青梅キャンプは青梅市教育委員会との連携の下、青梅市の公共施設を使い、学生が発達障がい児やその家族と過すことで障がい理解を深めると共に、引率、宿泊、レクリエーションの企画運営を行う中で、実践的なマネージメント力を身につけることを目的とした地域貢献活動です。本年も2018年8月16日(木)~17日(金)に、子ども44名、学生59名、総勢103名が参加して行われました。
 工作、ウォークラリーなど、様々な趣向を凝らしたプログラムを楽しみ、子どもたちは皆、最高の笑顔でした。学生も1泊2日のキャンプを通じ、将来に役立つ多くのことを学ぶことができました。

集合写真
アイスブレイク
キャンプのようす
水遊び
体育館