前のページに戻る

プレスリリース京王電鉄が主催する「京王アカデミープログラム」に明星大学が協力

【明星大学】

 明星(めいせい)大学では、来たる10月17日(水)に京王電鉄株式会社が開催する「京王アカデミープログラム*¹」の子育てサロン開催に全面協力いたします。このイベントは京王沿線の子育てをする家族を対象に、「京王あそびの森 HUGHUG <ハグハグ>」にて開催されます。講師は、本学教育学部の山下晶子特任教授と教育学部の大学生、NPO法人「『音』を『楽』しむONGAKUの会」が務めます。
 身近な道具を使用して「音」に着目した手作り楽器を製作し、心静かに音に耳を傾けて感性を養うほか、森に見立てた劇の世界で「音」や「音楽」から紙に描かれた森の動物たちを見つける「アニマルシアター」を行います。身の回りやなじみある動物たちの「音」を通じて、聴くことの楽しさや子育てのヒントを気軽に学ぶことができます。

プログラム概要

(1)名  称 「子育てサロン~耳をすまして心ワクワク!音あそび・アニマルシアター~」
(2)開催日時 2018年10月17日(水)
        ①10:00~12:20 ②14:00~16:20
        ※プログラムには会場施設内をご利用いただける自由行動時間を含みます。
(3)場  所 京王あそびの森 HUGHUG <ハグハグ>(京王線多摩動物公園駅下車すぐ)
(4)内  容 ①アニマルシアター
        ②音あそび
        ※詳細は2ページ目をご参照ください。
(5)協  力 明星大学 教育学部
(6)対  象 2~6歳のお子様と保護者(2名1組)
        ※そのほかのお子様のご同伴については、応募時にご相談頂けます。 
(7)参 加 費 1組1,500円(税込)
(8)定  員 各回40組80名 ※応募多数の場合は抽選となります。
(9)募集期間 10月10日(水)17:00まで
(10)その他 応募方法の詳細は、京王ホームページ 京王アカデミープログラムをご確認ください。(www.keio.co.jp/keioacademy/)

プログラム内容

●プログラム名1:アニマルシアター
講師:明星大学教育学部 山下晶子特任教授
内容:幼児教育の現場で保育教材として広がりをみせる「ペープサート*²」の手法を使い、森を冒険しながら「音」や「音楽」をヒントに動物たちを探すことで、お子様の音への関心や主体性を育みます。

●プログラム名2:音あそび
講師:NPO法人「音」を「楽」しむONGAKUの会 池田邦太郎氏 他
内容:水が流れる「音」を楽しむ空き缶の手作り楽器“マリンカン”制作などのワークショップを行い、静寂の中で音の味わいに耳を傾け、聴くことの楽しさを体感してお子様の聴く心、感じる心を養います。

■お問い合わせ先
・プログラムの内容に関して:京王電鉄広報部 京王アカデミープログラム担当
 TEL.042-337-3250 (平日10:00~18:00)
・取材、報道に関するお問い合わせ:明星大学 学長室広報課
 TEL. 042-591-5670

*¹「京王アカデミープログラム」とは、京王電鉄株式会社が京王沿線地域の多様で豊かな文化資産を活用し、京王沿線の大学・団体などとの連携による「文化(歴史・文学・音楽・美術・自然・科学など)」・「教育」・「子育て」に関する『学びプログラム』を定期的に実施する取り組みです。

*²「ペープサート」・・・紙人形劇を意味する「paper puppet theater」(ペーパー・パペット・シアター)を語源する造語で、棒の表裏に別の絵を貼り合わせた紙人形を裏返しながら演じる劇。