前のページに戻る

理工学部 小寺准教授がテクノトランスファーinかわさき2018にて講演を行いました

このコンテンツは最終更新日から6カ月以上経過しています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

【連携研究センター】

 2018年7月11日から7月13日にかながわサイエンスパーク(KSP)にて開催された展示会「第31回先端技術見本市 テクノトランスファーinかわさき2018」で、理工学部総合理工学科電気電子工学系の小寺敏郎准教授が講演を行いました。この展示会は、川崎市の産業振興を目的として毎年開催されている展示会です。本展示会の開催と併せて、川崎市内の産業と大学との産学連携の促進を目的とし、大学の技術シーズを企業に紹介する「技術シーズ提供セミナー」が開催されています。小寺准教授の講演では、IT関連の企業を中心に多くの方々にご参加いただきました。

展示会名称

第31回先端技術見本市 テクノトランスファーinかわさき2018

開催日

2018年7月11日(水)~7月13日(金)

会場

かながわサイエンスパーク(KSP)

本学からの講演

2018年7月11日(水) 技術シーズ提供セミナー
テーマ: 「SiPデバイスで実現する小型IoTエッジデバイスの新たな可能性」
講演者: 理工学部総合理工学科 電気電子工学系 准教授 小寺敏郎