前のページに戻る

プレスリリース明星大学デザイン学部の学生が (株)明星大学出版部発刊の教科書表紙をデザイン ~「デザインコンペ」で企業とコラボし、「モノ作り」の新しい形を模索~

このコンテンツは最終更新日から6カ月以上経過しています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

【明星大学】

 明星(めいせい)大学(東京都日野市)のデザイン学部の学生が株式会社明星大学出版部*¹(以下、「出版部」)(東京都日野市)が発刊する2冊の教科書の表紙デザインを行い、このたび出版されました。出版部では「学生が使う教科書を学生自身の手で装丁する」という考えに基づいて、「教科書の表紙デザインコンペ」を企画。学内で実施されたデザインコンペの選考の結果、4年生の髙木香純(たかぎかすみ)さんと2年生の髙岩春菜(たかいわはるな)さんのデザインが採用されました。

 出版部では、教科書を中心に毎年新刊書籍を発刊しています。このたび、学生とのコラボレーション企画として「教科書の表紙デザインコンペ」を開催。2017年の秋にデザイン学部の学生に向けてオリエンテーションを行い、『道徳教育と道徳科の授業展開』と『物理学実験』の表紙デザインを学生から募集しました。出版部による最終選考の結果、学生たちからの応募作品の中から、『道徳教育と道徳科の授業展開』の表紙に4年生の髙木さん、『物理学実験』の表紙に2年生の髙岩さんのデザインが採用されました。

 髙木さんは「4年間で学んできた知識を活かしながらデザインした。自分の学んできたことが、実際の『モノ』として手に取れる形になることはとても嬉しく、良い経験になった。」とコメント。髙岩さんは「多色刷りではないという制約の中でデザインすることも難しさの一つだった」と、ポスターなどの平面のものとは違う、実在する「モノ」ならではの苦労を語っています。

 通常、デザイン学部では学年ごとに課題を出すことが多いのですが、今回は全学年を対象としました。担当した萩原修(はぎわらしゅう)教授は「全学年を対象にすることで、学年を超えた刺激になる」と、今回のコラボレーション企画に積極的な考えを示しています。
 また、本の装丁に詳しい川又淳(かわまたきよし)准教授は、「本の表紙のデザインは、ポスターなどの平面のグラフィックデザインと異なり、立体的な『モノ』として形になるところが面白い。世の中で末永く使われる書籍の一部を自分が担ったということが学生の自信にもつながる」と話しています。

 出版部は「教科書は改定版で使用していくことが多いので、新刊本は年に数冊だが、今後も継続して学生とコラボレーションしていきたい」としていて、来年度もコンペを行う方針です。

 明星大学は教育理念の一つ「実践躬行」のとおり、今後も、学生のうちから社会と結びつく体験の機会を積極的に提供していきたいと考えております。

*¹ 設立以来、一般読者を対象と教養書の発行や、哲学、社会科学、自然科学の各分野にわたる出版物を刊行しており、テキスト、教養書、研究書の刊行に努め、明星大学と連携を保ちながら、活動している企業です。

▲デザイン学科4年生高木さん(左)2年生髙岩さん(右)

▲デザインが採用された道徳の教科書(左)、物理の教科書(右)

▲選考過程に出された様々な切り口からのデザイン案

▲指導にあたった教授と受賞の2人