前のページに戻る

程久保川の清掃に、明星大学学生が参加協力しました

【地域交流センター】

明星大学から硬式野球部と、明星大学防犯ボランティア同好会「MCAT」より、合計12名の学生が参加協力しました。

  5月20日(日)日野市内を流れる程久保川の清掃に、明星大学から硬式野球部と、明星大学防犯ボランティア同好会「MCAT」より、合計12名の学生が参加協力しました。
「程久保川を守る考える会」と日野市環境共生部緑と清流課で行っている地域ボランティア活動で、多摩動物公園側から高幡不動近辺までを1時間ほど清掃しました。心配されていた雨は、土曜日の朝方で止み、翌日曜日は快晴。増水の心配がないことから予定通り実施されました。
 学生たちは長靴で川の中に入り、ゴミを回収。滑りやすいため、怪我などしないよう注意しながら作業しました。「程久保川を考える会」のメンバーだけでは、川に下りての清掃など年々厳しくなって来ていたので、とても助かったとのお声をいただいています。

日差しが強い中、笑顔で清掃活動をしてくださった参加学生の皆様、どうもありがとうございました!

清掃活動をする学生たち