前のページに戻る

【理工学部】建築学系4年生が卒業研究の一環として資格審査試験を実施しました

このコンテンツは最終更新日から6カ月以上経過しています。内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

【理工学部支援室】

 2016年12月22日(木)、建築学系4年生が卒業研究の一環である資格審査試験を実施しました。
 この試験は事前に提出された4年生の論文・設計内容が卒業研究に適した内容であるか判断するための審査会です。論文と設計に分かれて研究内容を発表し、設計部門では自ら制作した建築物の模型とパネルを用いてプレゼンテーションを行いました。この審査に合格すると1月中旬に行なわれる最終展示審査に進み、最終審査に合格すると卒業研究の単位を修得することができます。
 4年間の集大成にふさわしいデザイン性、機能性に富んだ作品の発表が活発に行われました。