スマホ向け表示

前ページへ戻る

セクシュアル・ハラスメント相談

明星大学では、相談員を複数配置し、相談者のプライバシーに十分配慮しながら、丁寧に相談を受け付け、真摯にその解決に取り組んでいます。

セクシュアル・ハラスメントとは

性的な言動や男女役割分担意識の押しつけによって、他の者に肉体的、精神的な苦痛や困惑、不快感などを与えることです。

セクシュアル・ハラスメントかどうかは相手の認識によって決まるものです。

「そのつもりではなかった」といった行為者の認識によるものではありません。

セクシュアル・ハラスメントは、異性間だけでなく、同性間でも起こります。

セクシュアル・ハラスメントとなりうる例

言葉

  • 卑猥な冗談を言う
  • 「セクシィーだね」、「美人だね」、「胸が大きいね」、「スタイルがいいね」、「ブス」、「デブ」、など 容姿を話題にして相手に不快な思いをさせること
  • 親しい関係でないのに「~ちゃん」とよびかける
  • 相手のプライベートな事柄をむやみに話題にする

視覚

  • 女性のいる職場、研究室、部室等でありながら、ヌードポスターを貼ったり、卑猥な雑誌や新聞を広げて読む
  • こちらの反応を見ながら、面白がって卑猥な写真を見せる
  • 大学のパソコン教室でアダルトページを見ている人がいて不愉快だ

行動

  • コンパの席や各種会合で、相手の意志を無視してホステス、ホスト役をさせる。女性という理由でお酌を強要したり、無理に男性の隣に座らせようとする
  • 不必要にジッと女性(男性)の身体を見つめる
  • 就職の紹介をすることや成績評価などを条件に性的な関係を強要する
  • 相手に一方的にしつこく交際を迫ったり、脅迫まがいのことをする
  • 意味もなく、むやみに身体を触る

相談の流れ

あなたがセクシュアル・ハラスメントの被害を受けたら・・・

あなたがセクシュアル・ハラスメントのことで悩んでいるのなら・・・まず、相談しましょう。1人で悩まずに今すぐ相談員へ連絡しましょう。

まず、相談員に連絡を取ります。どの相談員でも結構です。また、学生サポートセンター、総合健康センターを通して相談員に連絡することもできます。連絡を取るには相談員に直接会うか、電話、手紙、電子メールを利用してください。

連絡先については、セクシュアル・ハラスメントの冊子を参照してください。

(相談員の氏名、メールアドレスが記載されたものは、人事課等に置いてあります。)

  • 氏名はもちろん、相談内容は全て秘密扱いとなり、相談者の名誉やプライバシーを守ります。
  • 被害者に対しては、可能な限り最善の救済が与えられます。また、加害者とされた者は、事実が確認されて後、学則及び就業規則による懲戒の対象とされることがあります。

このページの先頭へ戻る