スマホ向け表示

前ページへ戻る

キャンパス・ハラスメント防止・対策ガイドライン

明星大学キャンパス・ハラスメント防止・対策ガイドライン

 学生・教職員等のみなさんの快適な勉学・教育・研究・就労環境を確保するためには、キャンパスにおけるハラスメントは絶対にあってはなりません。
 明星大学は、ハラスメントのおこらないキャンパスを目指し、専門委員会を設置し、継続してその防止と被害者の救済に真剣に取り組んできました。
 より学びやすく、より働き安い環境づくりのためには、一人ひとりがハラスメントに対する正しい知識を持つことが大切です。このガイドラインをもとに全ての構成員の力で、ハラスメントのない快適なキャンパスをつくりだしていきましょう。

1)ガイドライン制定の趣旨

 このガイドラインは明星大学キャンパス・ハラスメントの防止等に関する規程第3条に則り、本学の教職員、学生及び関係者(以下「教職員及び学生等」という。)の人権の擁護、利益の保護及び本学の適切な教育・研究環境及び職場環境の維持に必要な措置・対策をとることを目的とし、定めます。

2)ガイドラインの対象

 本ガイドラインは、本学の構成員である、学生(大学院生、学部生、留学生、研究生、科目等履修生、公開講座の受講生など本学で教育をうける全ての者を含む)、教職員(いずれも常勤、非常勤を問わない)の全てを対象とします。
 このガイドラインは、キャンパス・ハラスメントが本学の構成員相互間において問題となる場合には、学内・外、授業内・外、課外活動内・外、勤務時間内・外など、問題が起こった場所、時間を問わず、適用されます。
 キャンパス・ハラスメントが、本学の構成員と学外者との間において問題となる場合には、当事者間に職務上の利害関係があるときに限り、本ガイドラインを適用します。従って、学生の教育実習やアルバイト先等、教員が学外において実施する講演、講義等、あるいは職員の学外での業務時での問題についても、本ガイドラインを適用します。但し、加害者が学外者であるときには、本ガイドラインを準用し、大学として解決のために必要かつ適切な措置をとる努力をします。

3)キャンパス・ハラスメントの定義

 キャンパス・ハラスメントとは、本学の教育又は研究の場において、教職員及び学生等が行うセクシュアル・ハラスメント及びアカデミック・ハラスメントをいいます。

(1) セクシャル・ハラスメント

 セクシュアル・ハラスメントとは、相手の望まない性的な言動を行うことにより、相手に不快感や屈辱感を抱かせ、また、そのことにより相手の人格や個人としての尊厳を傷つける行為であり、次のいずれかに該当する行為をいいます。

i 明示的又は暗示的に、就学上もしくは職務上の利益又は不利益を条件として、相手の望まない性的誘いかけを行ったり、相手の望まない性的な対応を求めること。

ii 相手の望まない性的な要求を行い、その要求に対する相手の態度(服従や同調、抵抗や拒否等)に応じて、就学上もしくは職務上の利益又は不利益を与えると示唆すること。

iii 性的な言動、性的な画像・文書の掲示・提示等によって、就学上又は就労上、不快な環境を醸成すること。また、そのことにより、学業や職務に従事することを困難にしたり、教職員及び学生等の人格や個人としての尊厳を傷つけること。

※セクシャル・ハラスメントになりうる例

  • 言葉

    • 「胸が大きい、小さい」、「ブス」、「デブ」など異性の容姿を話題にして相手に不快な思いをさせる

    • 「男のくせに根性がない」、「女には大事な仕事を任せられない」、などと発言する

  • 視覚

    • 女性のいる職場、研究室、部室等でありながらヌードポスターを貼ったり、卑猥な雑誌・や新聞を広げて読んだり、わざと見せたりする

    • 大学のパソコン教室でアダルトページを見ている

  • 行動

    • コンパの席や各種会合で、相手の意思を無視してホステス、ホスト役をさせる。女性というだけでお酌を強要したり、無理に男性の隣に座らせようとする

    • 不必要にジッと女性・男性の身体を見つめる

    • 就職の紹介や成績評価などを条件に性的な関係を強要する

    • 意味もなく、むやみに身体や衣服に触れる

    • 不必要に教室や駅で待ち伏せをする

    • しつこくメールをしたり、交際を迫ったりする


(2) アカデミック・ハラスメント

 アカデミック・ハラスメントとは、優位的な立場や権限を利用した、又は逸脱した行為であって、かつ、次のいずれかに該当する行為をいいます。

i 相手の望まない言動を行うことにより、相手に不快感や屈辱感を抱かせること。また、そのことによって、相手の人格や個人としての尊厳を傷つけること。

ii 明示的又は暗示的に、就学上もしくは職務上の利益又は不利益を条件として、相手の望まない誘いかけを行ったり、相手の望まない対応を求めること。

iii 相手の望まない要求を行い、その要求に対する相手の態度(服従や同調、抵抗や拒否等)に応じて、就学上若しくは職務上の利益又は不利益を与えると示唆すること。

iv その他就学上及び就労上、不快な環境を醸成すること。また、そのことにより、学業や職務に従事することを困難にしたり、教職員及び学生等の人格や個人としての尊厳を傷つけること。

※アカデミック・ハラスメントになりうる例

  • 研究活動に関する嫌がらせ

    • 文献・機器等を使わせない

    • 研究テーマを強制する

    • 正当な理由がないのに研究室への立ち入りを禁止する

    • 研究発表や論文作成を妨害する

  • 教育指導に関する嫌がらせ

    • 学位や単位認定に関して不公平な対応をとる

    • 学習研究上の必要な指導・助言を行わない

    • 正当な理由がないのに、就職や他大学進学に必要な推薦書を書かない

  • 日常的な場面での嫌がらせ

    • 「おまえは馬鹿だ」「こんなものを見るのは時間の無駄だ」「女は研究者に向かない」などの人格を傷つける言動をとる

    • 不必要に自宅などに呼び出す


4)大学の責任と構成員の義務

 本学は、キャンパス・ハラスメントに対して厳しい態度で臨み、キャンパス・ハラスメントを生むおそれのある環境を改善し、快適な学習・研究・職場環境を作る努力をします。
そのために「キャンパス・ハラスメント防止・対策委員会」(以下「防止・対策委員会」という。)を置きます。
 「防止・対策委員会」は、キャンパス・ハラスメント防止対策に関する全学的な施策全般について責任を負い、各研究科・学部・附属教育機関・事務局等の管理者は、具体的な施策や措置の実施について責任を負います。
 本学の構成員である全ての教職員及び学生等は、キャンパス・ハラスメントの防止に努めるとともに、自ら行わないようにしなければなりません。

5)不快な行為を受けていると感じたら

(1) いやなことは「いや」と言っていい

 「いやだな」「変だな」と感じることがあったら、「NO!」とはっきり相手に伝えてみましょう。

(2) 自分を責めないで

 不快な気持ちを相手に伝えられなかったとしても、落ち込まないでください。また、「自分が悪い」と自分を責めたりしないでください。

(3) 記録を取っておきましょう

 キャンパス・ハラスメントだなと感じる言動を受けたら、その言動の内容や起こった日時・場所などをできるだけ詳しく記録しておきましょう。

(4) 一人で悩まないで

 キャンパス・ハラスメントを解決するためにも、一人で悩まずに、友達や先生、先輩など、信頼出来る人に相談してみましょう。また、後述の通り明星大学ではキャンパス・ハラスメントに関する相談・解決体制を整えています。

6)キャンパス・ハラスメントに関する相談体制

 本学はキャンパス・ハラスメントの被害を受けた全ての教職員および学生等が安心して被害を相談し、訴えが出来るように相談体制を整えています。
 全ての教職員及び学生等はハラスメント相談員にキャンパス・ハラスメントに関わる相談、申立てをすることが出来ます。
 なお、相談及び申立てについては必ず本人が行うものとし、代理人による相談・申立ては認められていません。

(1) キャンパス・ハラスメント相談員

 キャンパス・ハラスメント相談員とは総合健康センターの医師、看護師及びカウンセラー、各学部の教員・事務職員、専門知識を有する学外の者より選ばれたハラスメント相談担当者のことです。キャンパス・ハラスメント相談員(以下「相談員」という。)はハラスメントに関する研修を受けており、相談者の意見を尊重し、相談に対し、真剣に耳を傾けます。受け付けた相談についてキャンパス・ハラスメント相談員は防止・対策委員会に報告をします。

(2) 相談受付窓口

 下記の相談受付窓口で相談員の紹介を行っています。
  i 学生サポートセンター
  ii 総合健康センター
 また、上記相談受付窓口の部署に相談員の連絡先を掲示してありますので、参照の上、直接相談員に連絡をとることも可能です。

(3) 相談の方法

 面談による相談だけでなく、電話・手紙・メールで相談することも出来ます。
 また、一人で相談しにくい場合は親しい友人などに付き添ってもらい相談にいっても構いません。
 全ての相談において個人のプライバシーが尊重されます。また、相談員は規程によって守秘義務が義務づけられていますので安心して相談に行ってください。

(4) キャンパス・ハラスメント防止・対策委員会

 本学におけるキャンパス・ハラスメントの防止並びに相談及び申立てへの適切な対応等を行うため、防止・対策委員会を設置しています。
 ハラスメントに関する相談や申立ては相談員より、防止・対策委員会に報告がなされます。
 防止・対策委員会は、相談者の希望を尊重し、相談または申立ての解決方法を決定します。ただし、相談または申立てが明らかにキャンパス・ハラスメントにあたらないと認められる場合には、当該相談又は申立てを取り扱わないという決定をする場合もあります。

7)問題を解決する手続き・方法

 キャンパス・ハラスメントの問題を解決する方法として(1)通知、(2)意見の調整、(3)調停、(4)措置勧告の4つがあります。
 キャンパス・ハラスメントの申立てを行った者(以下「相談者」)はこの4つの方法から、解決方法の希望を申し立てることが出来ます。

(1) 通知

 相談者の不利益にならないように配慮しつつ、キャンパス・ハラスメントをしているとされている者(以下「相手方」といいます。)に、キャンパス・ハラスメントの相談があったことを伝えることをいいます。
 相談者を匿名にし、通知を行うことも可能です。

(2) 意見の調整

 相談者が、キャンパス・ハラスメントとされる言動の存否又は当該言動が存在する場合にとられるべき措置について、相手方との意見の調整を図ることを希望するときに、双方に意見の提出を求め、意見の調整を図ることをいいます。

(3) 調停

 相談者が調停を求めるとき、相手方の同意を得て、調停委員の立会いの下、調停の場で相談者及び相手方(以下「当事者」という。)が解決に向けての意見を聴取し、合意を形成することをいいます。

(4) 措置・勧告

 相談者が、事実関係の調査及び当該行為のキャンパス・ハラスメントの認定、並びに調査及びキャンパス・ハラスメント認定結果に基づく適切な措置を求めるとき、事実関係の調査及びキャンパス・ハラスメントの認定を行うとともに、当該言動に対する措置を決定し、関係機関等にその実施を勧告することをいいます。

【調停委員会】

・調停委員会とは相談者が調停による解決を希望し、相手方がそれに合意する場合に設置されます。
・調停委員は防止・対策委員会の委員および学外の弁護士等の有識者など複数の者によって構成をされます。また、調停委員会には必ず女性の調停委員を含みます。また調停委員は、原則として、当該調査委員が所属する部局の相談又は申立てを取扱わないようにしています。
・調停委員会は当事者による主体的な合意形成を円滑に進めることを任務としています。具体的には、(1)調停案の作成及び当事者への意見提示、(2)当事者への助言、意見聴取及び仲介等の調停の進行、(3)調停報告書の作成などを行います。
・調停委員会は、調停終了後速やかに、防止・対策委員会に報告を行います。

【調査委員会】

・調査委員会は、相談者が調停又は措置勧告による解決方法を希望するとき、防止・対策委員会の承認に基づき設置がされます。
・調査委員は防止・対策委員会の委員および学外の弁護士等の有識者など複数の者によって構成をされます。また、調査委員会には必ず女性の調査委員を含みます。また調査委員は、原則として、当該調査委員が所属する部局の相談又は申立てを取扱わないようにしています。
・調査委員会はキャンパス・ハラスメントの相談又は申立てに係る事実関係を明らかにすることを任務としています。具体的には、(1)当事者の事情聴取、(2)事実確認のために必要な事項の調査、(3)調査報告書の作成などを行います。
・調査委員会は、調査終了後速やかに、防止・対策委員会に報告を行います。

【相談から問題解決までの大まかな流れ】

画像をクリックすると拡大します。

8)仮措置

 キャンパス・ハラスメント問題の解決は原則前述のようなプロセスを経ます。しかし、申立てがなされた時点あるいは調査・調停の途中であっても、キャンパス・ハラスメントの疑いがある言動が継続しており、緊急性が認められる場合には、学長の判断のもと当該言動を即時停止させる等の仮措置をとることがあります。

9)調査への協力義務・虚偽申述の禁止

 教職員及び学生等は、キャンパス・ハラスメントに関する相談又は申立ての調査につい
て協力を求められたときは、これに応じなければなりません。
 また、キャンパス・ハラスメントに関する事案の調査を妨害し、又は調査において虚偽
の申述もしくは証言を行うことも禁止されています。
これらに違反する行為があったときは、学内規程(学則・就業規則)に従って処分されます。

10)守秘義務

 キャンパス・ハラスメント防止・対策委員・相談員及び調査・対応等に関わったものは当事者のプライバシーや名誉その他の人権を尊重するとともに、職務上知り得た情報を他に漏らすことはありません。

11)不利益取扱いの禁止

 教職員及び学生等は、キャンパス・ハラスメントに係る相談又は申立て、調査等への協
力及びこの規程に基づく正当な対応を行った者に対し、就学上若しくは職務上の不利益な取扱い、嫌がらせ、妨害又は報復等を行ってはなりません。
 これに違反する行為があったときは、学内規程(学則・就業規則)に従って処分されます。

12)キャンパス・ハラスメントをおこさないために・・・

 キャンパス・ハラスメントをおこさないためには、学生・教職員等のみなさん一人ひとりが、お互いに個人の人格を尊重しあうこと、相手を思いやること、相手の立場を考えて行動することが大切です。
 あなたにとっては何気ない一言であっても、相手は不快に感じることがあるということを忘れないでください。

 

以上

このページの先頭へ戻る