平成28年度 夏期対面型講習 ※全講座の申込受付は終了しました

詳細については《募集要項》をご覧ください。

開講講座一覧および講座概要

必修領域 〔1講座につき6時間〕

会場 : 日野校

各講座概要については下表の講座名をクリックしてください。

講座名 主な受講対象者 ※1 開講日 定員 受講料
101
終了
教育の最新事情A 全教諭 8月2日(火) 50名 6,000
102
終了
教育の最新事情B 全教諭 8月5日(金) 50名 6,000
103
終了
教育の最新事情C 全教諭 8月8日(月) 50名 6,000
104
終了
教育の最新事情D 全教諭 8月13日(土) 50名 6,000

※1 必修領域については全教諭(教諭・養護教諭・栄養教諭)が対象です。

 

選択必修領域 〔1講座につき6時間〕

会場 : 日野校

各講座概要については下表の講座名をクリックしてください。

講座名 ※3 主な受講対象者 開講日 定員 受講料
301
終了
学習指導要領の改訂動向と法令改正・国の審議会の状況A 全教諭 ※2 8月3日(水) 50名 6,000
302
終了
ICT(電子黒板、タブレット端末等)を活用した授業設計 小・中 ※4 8月6日(土) 50名 6,000

303
終了

異文化理解 小・中・高 ※4 8月9日(火) 50名 6,000
304
終了
様々な問題に対する組織的対応の必要性A 全教諭 ※2 8月19日(金) 50名 6,000

※2 全教諭とは、免許種が教諭・養護教諭・栄養教諭の方です。
※3 年度(開講期)が異なっていても同一内容の講座を受講することはできません。
※4 免許種が教諭の方を対象としております。養護教諭・栄養教諭の職にある方は、対象となりませんのでご注意ください。教諭の方は、学校種や教科種が異なっていても受講は可能です。ただし、担当講師は「主な受講対象者」向けに講座内容を設定しています。講座内容を理解することができず、修了認定試験で不合格になった場合、不認定となりますので、「主な受講対象者」以外の方は講座概要を確認し内容を十分に理解したうえでお申し込みくださ い。

 

選択領域  〔1講座につき6時間〕 

会場 : 日野校

各講座概要については下表の講座名をクリックしてください。

講座名 ※5 主な受講対象者 ※6 開講日 定員 受講料
501
終了
KJ法の活用により「考える力」を培うスキルを育てる 小・中(国・社)
高(国・地歴・公)
8月2日(火) 50名 6,000
502
終了
子どもの育ちを支援する教育相談の考え方・進め方A 小・中 8月3日(水) 50名 7,000
503
終了
初心者のための情報リテラシーA 小・中 8月4日(木) 30名 6,000
504
終了
小学校外国語活動入門 ~中学校英語が楽しくなるような小中連携を目指して~A 小・中(英) 8月4日(木) 50名 6,000
505
終了
体育で豊かな心と健やかな体はなぜ育まれるのか 小・中
(保体)
8月5日(金) 50名 6,000
506
終了
PISA型読解力の育成の視点からの国語科の授業改善 8月6日(土) 50名 6,000
507
終了
道徳の授業づくり入門 8月8日(月) 50名 6,000
508
終了
社会史研究の成果を生かした歴史学習の試み 小・中(社)
高(地歴)
8月9日(火) 30名 6,000
509
終了
《速修》英語の聴解・音読の極意 中(英)
高(英)
8月10日(水) 20名 6,000

510
終了

子どもたちと教師が共にワクワクできる「理科の授業」の創造A 8月10日(水) 30名 6,000
511
終了
「保護者対応」の望ましいあり方を考えるA 小・中 8月12日(金) 50名 6,000
512
終了
子どもを元気にするスポーツと食育の実践 小・中(保体)
栄養
8月12日(金) 50名 6,000
513
終了
通常の学級における「合理的配慮」の在り方を考える 小・中・高 8月16日(火) 50名 6,000
514
終了
幼児の造形表現の発達と具体的な指導について 8月16日(火) 30名 6,000
515
終了
保育の中のコミュニケーションと子育ち・子育て 幼・小 8月17日(水) 50名 6,000
516
終了
子どもたちと教師が共にワクワクできる「理科の授業」の創造B 8月18日(木) 30名 6,000
517
終了
小学校書写(毛筆)授業の改善 8月18日(木) 50名 6,000
518
終了
初心者のための情報リテラシーB 小・中 8月19日(金) 30名 6,000

※5 年度(開講期)が異なっていても同一内容の講座を受講することはできません。
※6 免許種が教諭の方を対象としております。養護教諭・栄養教諭の職にある方は、対象となりませんのでご注意ください。ただし、コード<512>は栄養教諭の職にある方も受講できます。教諭の方は、学校種や教科種が異なっていても受講は可能です。ただし、担当講師は「主な受講対象者」向けに講座内容を設定しています。講座の中には講義以外に、実験・演習・討議・グループ学習などの設定もあります。講座内容を理解することができず、修了認定試験で不合格になった場合、不認定となりますので、「主な受講対象者」以外の方は講座概要を確認し内容を十分に理解したうえでお申し込みください。

このページの先頭へ戻る