社会とつながり 未来をひらく
2017年4月、
心理学部開設。

  • 受験生応援サイト

  • 進学相談会

  • 心理学科オリジナルサイト

職業的自立と資格取得に
強い学部にパワーアップ!

50年の伝統を誇る基礎心理学・臨床心理学領域に加え、
産業・組織心理学領域を新たに拡充し、「心理学の専門知識や実習で培われる資質で、
社会とつながり未来をひらくことができる人材」を養成します。

目的・関心で選ぶ4つの
履修モデルが職業的自立を支援

心理学で生かせるフィールドは想像以上に広く、近年は医療や教育だけでなく、一般企業など幅広い分野で専門知識が求められています。そこで明星大学心理学部では、卒業後の進路を見据えた学びの指針として4つの履修モデルを設置。実践的教養としての心理学に関する専門知識と技術を指導していきます。
なお、ここには、学びの重点と関連する職業の典型例とを挙げています。
資格を取得するためには、全領域を幅広く学ぶ必要があります。

  • 人間科学モデル

    ●大学の学びでめざすこと
    知覚心理学・学習心理学などの基礎心理学領域を重点的に学び、人間についての科学的理解を深め、人間一般の特性を心理学的に測定・理解する技能・手法を修得し、実社会で活躍できる人材になることをめざします。
    ●社会とどのようにつながるか
    私たち人間についての心理学的な知識を、商品開発に役立てたり、営業や販売など人と接する仕事に活用できます。
    ●関連する職業
    商品開発・営業販売職
  • 産業・社会モデル

    ●大学の学びでめざすこと
    産業心理学・組織心理学などの社会心理学領域を重点的に学び、社会集団についての科学的理解を深め、社会集団の特性を心理学的に測定・理解する技能・手法を修得し、実社会で活躍できる人材になることをめざします。
    ●社会とどのようにつながるか
    集団としての人間のあり方についての知識は、個人の適性の把握や消費者行動の予測といった仕事に活用できます。
    ●関連する職業
    人事・企画・マーケティング職
  • カウンセリングモデル

    ●大学の学びでめざすこと
    臨床心理学・青年心理学などの成人を対象とした臨床心理学領域を重点的に学び、カウンセリングやアセスメントの理論と技能を修得し、問題を抱えた個人への心理的支援ができるようになることをめざします。
    ●社会とどのようにつながるか
    カウンセリングのスキルは、他者と関わるさまざまな職業で活用できます。大学院での資格取得で、専門職への道もひらけます。
    ●関連する職業
    心理カウンセラー
  • 発達支援モデル

    ●大学の学びでめざすこと
    発達臨床心理学・学校臨床心理学などの主として幼児・児童を対象とした臨床心理学領域を重点的に学び、幼児・児童を中心としたアセスメント及び臨床的介入の理論と技能を修得し、発達支援のできる人材になることをめざします。
    ●社会とどのようにつながるか
    発達支援についての専門知識は、問題を抱える子どもの支援に役立ちます。大学院での資格取得で、専門職への道もひらけます。
    ●関連する職業
    スクールカウンセラー
  • 人間科学モデル

    ●大学の学びでめざすこと
    知覚心理学・学習心理学などの基礎心理学領域を重点的に学び、人間についての科学的理解を深め、人間一般の特性を心理学的に測定・理解する技能・手法を修得し、実社会で活躍できる人材になることをめざします。
    ●社会とどのようにつながるか
    私たち人間についての心理学的な知識を、商品開発に役立てたり、営業や販売など人と接する仕事に活用できます。
    ●関連する職業
    商品開発・営業販売職
  • 産業・社会モデル

    ●大学の学びでめざすこと
    産業心理学・組織心理学などの社会心理学領域を重点的に学び、社会集団についての科学的理解を深め、社会集団の特性を心理学的に測定・理解する技能・手法を修得し、実社会で活躍できる人材になることをめざします。
    ●社会とどのようにつながるか
    集団としての人間のあり方についての知識は、個人の適性の把握や消費者行動の予測といった仕事に活用できます。
    ●関連する職業
    人事・企画・マーケティング職
  • カウンセリングモデル

    ●大学の学びでめざすこと
    臨床心理学・青年心理学などの成人を対象とした臨床心理学領域を重点的に学び、カウンセリングやアセスメントの理論と技能を修得し、問題を抱えた個人への心理的支援ができるようになることをめざします。
    ●社会とどのようにつながるか
    カウンセリングのスキルは、他者と関わるさまざまな職業で活用できます。大学院での資格取得で、専門職への道もひらけます。
    ●関連する職業
    心理カウンセラー
  • 発達支援モデル

    ●大学の学びでめざすこと
    発達臨床心理学・学校臨床心理学などの主として幼児・児童を対象とした臨床心理学領域を重点的に学び、幼児・児童を中心としたアセスメント及び臨床的介入の理論と技能を修得し、発達支援のできる人材になることをめざします。
    ●社会とどのようにつながるか
    発達支援についての専門知識は、問題を抱える子どもの支援に役立ちます。大学院での資格取得で、専門職への道もひらけます。
    ●関連する職業
    スクールカウンセラー

一人ひとりの未来をひらく
心理学部の“キャリア教育”

強さの理由 1心理学部の学びが
“ビジネススキル”を養成

▼心理学部の学びが提供する体験

▼養成されるビジネススキル

心理学部の学びが提供する体験

  • 集合時間や提出期限、レポートの書式などのルールを守る
  • データの取り扱いに際してプライバシー保護に配慮する
arar

養成されるビジネススキル

ビジネスマナー

心理学部の学びが提供する体験

  • 自らデータを収集し、統計的に分析して結論を導く
  • 多様な意見や事実を総合して自分の考えを決める
  • レポート作成で、筋道の通ったわかりやすい文章を書く
arar

養成されるビジネススキル

論理的思考

心理学部の学びが提供する体験

  • 提出期限を守るために、自分のスケジュールを管理する
  • 自ら目標を設定しその達成のためのペース配分・修正を行う
arar

養成されるビジネススキル

自己管理

心理学部の学びが提供する体験

  • 仲間や教員と意見を調整しながらゼミの活動を進める
  • 科学的な人間理解やカウンセリングの知識を修得する
  • 科学的な根拠に基づいて筋道を立てて他者に説明する
arar

養成されるビジネススキル

コミュニケーション
プレゼンテーション

心理学部の学びが提供する体験

  • データ処理や研究を行う過程で、情報機器を使いこなす
arar

養成されるビジネススキル

情報機器の活用
強さの理由 2カリキュラムが
“キャリア形成”を支援
目標を見据え自律的に学ぶ
4つの履修モデル
卒業後の目標や将来像に合わせて学生一人ひとりが自律的・計画的に学びを進められるように、具体的な4つ履修モデルを提案しています。
ar
ar
職業的自立を支援する
キャリア形成科目
新設科目「心理学で拓くキャリア」をはじめとしたキャリア形成科目では、心理学の学びと将来の職業との関係や、そのために達成すべき課題を学びます。
ar
ar
キャリアセンターとの
緊密な連携
本学キャリアセンターと心理学部の教員とが緊密に連携し、ゼミのネットワークを介して、就職セミナーや求人に関する情報を積極的に提供しています。
全履修モデルで取得可能 認定心理士 & 認定心理士(心理調査)※申請準備中
全履修モデルで取得可能 認定心理士 & 認定心理士(心理調査)※申請準備中

キャリア形成科目

臨床実践科目

職業的自立の姿(例)

  • ・一般企業等への就職
  • ・大学院に進学して臨床心理士資格
    を取得
  • ・大学院に進学して公認心理師国家
    資格を取得※対応予定

※対応予定

おもな就職先

 明星大学心理学部では、①︎大学を卒業して、心理学を生かし社会のさまざまな場面で活躍できる人材と、②大学院に進学して、資格を取得し対人支援や心理学の専門家になれる人材とを、養成します。  例年、卒業生の約15%程度が大学院に進学する一方、就職を希望する卒業生は、約90%という高い内定率を誇り、心理学の素養を活かして一般企業等で活躍しています。

金融・保険
●三井住友銀行 ●みずほ銀行
●多摩信用金庫 ●山梨中央銀行
●常陽銀行 ●SMBCセンターサービス
●日本生命 ●明治安田生命  他
販売・物流・サービス
●日本交通 ●クリエイトSD
●関東マツダ ●ファミリーマート
●黒澤楽器店 ●国分寺病院
●キリングループロジスティックス
●サミット  他
製造
●伊藤園 ●レナウン  他
情報・IT
●日本郵便 ●マイナビ
●サンワコムシスエンジニアリング  他
公務員
●神奈川県警察

卒業生の声『今、職場で実感する心理学科卒の強み』

卒業生の声

『今、職場で実感する
心理学科卒の強み』

勤務先:株式会社三井住友銀行

N.I. さん2016年3月 心理学科卒

2016年3月 心理学科卒

心理学を学んだ私たちには、大きな可能性があることに気づきました。

就職活動を始めた頃は、銀行から内定をいただくことになるとは思っていませんでしたが、大学のキャリアセンターで情報やアドバイスをいただき、いろいろな業種に興味を広げて行きました。みなさんも、自分の興味や関心を決めつけてしまうのではなく、さまざまな学びと経験とを土台にして進路を選択されることをおすすめします。

勤務先:株式会社インテリジェンス

N.A. さん2012年3月 心理学科卒

2012年3月 心理学科卒

明星大学で学んだ心理学が職業に活きていることを、日々実感しています。

マーケティング部門で、職種ごとの属性分析や転職イベントの企画に携わっています。心理学で学んだ行動分析などの知識は、データを分析するマーケティングの仕事に大いに生かされています。また、自分を客観的に見る力や戦略的な考え方など、大学での学びは仕事のうえでも私を支えてくれています。他大学と比べて明星大学のサポート態勢は抜群です。働きはじめて、そのありがたさをあらためて実感しています。

勤務先:大和ハウス工業株式会社

R.I. さん2013年3月 心理学科卒

2013年3月 心理学科卒

心理学科で培ったコミュニケーション能力を活かしてめざすのは、
営業成績ナンバーワンです。

人と話すことが好きで、多くのお客さまとお話ができる営業職を志望しました。戸建て住宅販売の仕事を選んだのは、お客さまを長い期間にわたってサポートでき、家族のような関係になれることに魅力を感じたからです。これからも心理学科で学んだコミュニケーション能力を活かして、一人でも多くのお客さまに「Iさんからお家を買って良かった」と言っていただけるようがんばりたいと思います。

~ 就職に強い心理学部は今年も内定者を続々と出しています ~

速報! 2016年度 内定実績

心理学部では、①大学を卒業して、心理学の資質を生かし、社会の様々な場面で活躍できる人材と、②大学院に進学して、臨床心理士などの受験資格を取得し、対人支援や心理学の専門家になれる人材とを、養成しています。例年、卒業生の約15%程度が、大学院に進学しています。
一方、大学院進学ではなく就職を希望する卒業生については、例年約90%という高い内定率を誇り、心理学の素養を活かして一般企業等で活躍しています。
今年度の内定者を一部ご紹介しましょう。

就職に強い心理学部は
今年も内定者を
続々と出しています

速報!

2016年度 内定実績

心理学部では、①大学を卒業して、心理学の資質を生かし、社会の様々な場面で活躍できる人材と、②大学院に進学して、臨床心理士などの受験資格を取得し、対人支援や心理学の専門家になれる人材とを、養成しています。例年、卒業生の約15%程度が、大学院に進学しています。
一方、大学院進学ではなく就職を希望する卒業生については、例年約90%という高い内定率を誇り、心理学の素養を活かして一般企業等で活躍しています。
今年度の内定者を一部ご紹介しましょう。

内定先:三菱東京UFJ銀行

K.I. さん心理学科4年
(東京都私立麹町学園女子高等学校出身)

心理学科4年(東京都私立麹町学園女子高等学校出身)

心理学を学んだことで人の話を親身になって聞くことができるようになりました。

心理学で、カウンセリングを学び、人の話を親身になって聞くことができる傾聴力を身に付けました。就職活動での面接では自分の話をするだけではなく、相手の話や意図を確りと聞くことが大切でした。コミュニケーションの場である面接では、落ち着いて自分らしさを発揮することができました。
私は、金融機関を中心に就職活動を行いました。金融機関について理解を深めていくなかで、老若男女あらゆるお客さまに寄り添い、コミュニケーションを取っていく必要がある銀行の窓口のお仕事は、自分が身に付けた心理学の知識やスキルを直接活かせると感じ、金融の中でも銀行や信金を志望するようになりました。

内定先:大光銀行

M.M. さん心理学科4年
(新潟県立五泉高等学校出身)

心理学科4年(新潟県立五泉高等学校出身)

心理学で学んだ対話力を活かしたいと金融機関を志望しました。

1年次から広い分野で心理学の学びを深めてきたことで、物事の見方が多様化し、自分の意見を広い観点からもてるようになりました。また、ゼミでの活動でカウンセリング技能に触れたことで言語的なコミュニケーションだけでなく身体的なコミュニケ—ションに自信を持てるようになりました。また、カウンセリングについて学んで身に付けてきた対話力を活かせる仕事をしたい思い金融機関を志望するようになりました。
心理学で学んできたことで視野を広げて就職活動をスタートさせることもできました。

内定先:多摩信用金庫

M.A. さん心理学科4年
(東京都立日野高等学校出身)

心理学科4年(東京都立日野高等学校出身)

心理学で学ぶ「カウンセリング」は、そのまま採用試験での
面接やディスカッションに活かせました。

心理学科では専門ゼミ以外の分野についても学ぶことができます。その中で就職活動に最も役立ったと思う授業は「カウンセリング」です。授業中に学んだコミュニケーションスキルは、面接やグループディスカッションに活用できました。例えば、話を聞く姿勢や喋り方のコツなどがあります。「会話力」は就職活動に限らず様々な場面で活用できるものなので、有意義な授業の1つだと思います。

  • 一般心理学系

    ■知覚心理学
    知覚とは、主に見たり聴いたりして、環境や他者について様々な事実を知ることです。知覚心理学では、このような視覚的・聴覚的認識の性質を心理学実験によって検討し、環境の中で生きる人間について考察します。
    ■学習心理学
    心理学では、何かを経験することで行動が変化することを総じて「学習」と呼びます。学習心理学とは、そうした行動変化をもたらす諸要因を、私たちを取り囲む環境の中に見出そうとする学問です。
    ■神経心理学
    私たちの心は、脳の神経活動によって支えられています。神経心理学では、病気や事故で脳に損傷を受けた脳損傷者の心の問題を手がかりとしながら、脳との関連性を意識しつつ、心のはたらきについて検討していきます。
    ■生涯発達心理学
    「おとな」になった後、人間は衰えていくだけではなく、様々な側面において向上し続けているということが分かってきました。このような「成人期以降の発達と適応」について調査研究によって探究していきます。
    ■社会心理学
    社会心理学の目的は、私たち人間が、何らかの社会的なできごとに接したり、集団状況や対人状況に置かれたとき、どのような行動を取るのかを明らかにすることです。実験と調査からデータを積み重ねて、このテーマに迫ります。
    ■比較心理学
    比較心理学(比較行動学とも言います)は、動物の行動をヒトの行動と比較することで、私たちヒトの行動の特徴をより明らかにしようとしています。本学では、デンショバトを用いた実験を通してこの課題に取り組むことが可能です。
    ■産業・組織心理学
    組織を機能的に動かす方法、チームのまとめ方、モチベーションの維持…。人と労働が関わる産業の場面において生じる多くの問題について考えていくのが産業・組織心理学です。産業と深く関わる広告についても考えていきます。
  • 臨床心理学系

    ■学校臨床心理学
    学校カウンセリングの理論や子どもの不適応、さらに虐待など家庭での問題まで幅広く学んでいきます。また学校内相談員と校外専門機関との連携方法なども具体例で指導。摂食障害など疾患に関わる問題の理解と対応も学びます。
    ■性格心理学
    最も素朴な「ヒト」への興味は、今から5千年以上の昔、エジプトでピラミッドに刻まれました。その中核を科学的に体系づけると、現代の性格心理学が形成されます。性格心理学では、一人ひとりの特徴を科学的に理解する方法を学びます。
    ■基礎臨床心理学
    臨床心理学の中でも、特に精神科を中心とする「病院臨床」と呼ばれる領域について学びます。精神病やパーソナリティ障がいの他、さまざまな精神疾患について、その見立てや心理療法についての理解を深めます。
    ■青年心理学
    思春期から始まる青年期は、身体も心も大きく成長変化し、心理的に揺れやすく傷つきやすい時期です。カウンセリングなどの援助法も含めて、青年の心理を探究していきます。
    ■障害児(者)心理学
    障害に関する理解を深めると同時に、人間の行動特性や心理的適応についても学んでいきます。障がいの特性を明らかにしつつ、各年代で起こる課題や、障がいの当事者のみならずその家族などが抱える問題も検討します。
    ■発達臨床心理学
    通常学級に在籍する発達障がい児の支援には多くの連携が不可欠であり、その中で臨床心理学が重要な役割を果たしています。その基礎を学び、学習障がいや注意欠陥多動性障がいの特性、支援方法についても学びます。
  • 一般心理学系

    ■知覚心理学
    知覚とは、主に見たり聴いたりして、環境や他者について様々な事実を知ることです。知覚心理学では、このような視覚的・聴覚的認識の性質を心理学実験によって検討し、環境の中で生きる人間について考察します。
    ■学習心理学
    心理学では、何かを経験することで行動が変化することを総じて「学習」と呼びます。学習心理学とは、そうした行動変化をもたらす諸要因を、私たちを取り囲む環境の中に見出そうとする学問です。
    ■神経心理学
    私たちの心は、脳の神経活動によって支えられています。神経心理学では、病気や事故で脳に損傷を受けた脳損傷者の心の問題を手がかりとしながら、脳との関連性を意識しつつ、心のはたらきについて検討していきます。
    ■生涯発達心理学
    「おとな」になった後、人間は衰えていくだけではなく、様々な側面において向上し続けているということが分かってきました。このような「成人期以降の発達と適応」について調査研究によって探究していきます。
    ■社会心理学
    社会心理学の目的は、私たち人間が、何らかの社会的なできごとに接したり、集団状況や対人状況に置かれたとき、どのような行動を取るのかを明らかにすることです。実験と調査からデータを積み重ねて、このテーマに迫ります。
    ■比較心理学
    比較心理学(比較行動学とも言います)は、動物の行動をヒトの行動と比較することで、私たちヒトの行動の特徴をより明らかにしようとしています。本学では、デンショバトを用いた実験を通してこの課題に取り組むことが可能です。
    ■産業・組織心理学
    組織を機能的に動かす方法、チームのまとめ方、モチベーションの維持…。人と労働が関わる産業の場面において生じる多くの問題について考えていくのが産業・組織心理学です。産業と深く関わる広告についても考えていきます。
  • 臨床心理学系

    ■学校臨床心理学
    学校カウンセリングの理論や子どもの不適応、さらに虐待など家庭での問題まで幅広く学んでいきます。また学校内相談員と校外専門機関との連携方法なども具体例で指導。摂食障害など疾患に関わる問題の理解と対応も学びます。
    ■性格心理学
    最も素朴な「ヒト」への興味は、今から5千年以上の昔、エジプトでピラミッドに刻まれました。その中核を科学的に体系づけると、現代の性格心理学が形成されます。性格心理学では、一人ひとりの特徴を科学的に理解する方法を学びます。
    ■基礎臨床心理学
    臨床心理学の中でも、特に精神科を中心とする「病院臨床」と呼ばれる領域について学びます。精神病やパーソナリティ障がいの他、さまざまな精神疾患について、その見立てや心理療法についての理解を深めます。
    ■青年心理学
    思春期から始まる青年期は、身体も心も大きく成長変化し、心理的に揺れやすく傷つきやすい時期です。カウンセリングなどの援助法も含めて、青年の心理を探究していきます。
    ■障害児(者)心理学
    障害に関する理解を深めると同時に、人間の行動特性や心理的適応についても学んでいきます。障がいの特性を明らかにしつつ、各年代で起こる課題や、障がいの当事者のみならずその家族などが抱える問題も検討します。
    ■発達臨床心理学
    通常学級に在籍する発達障がい児の支援には多くの連携が不可欠であり、その中で臨床心理学が重要な役割を果たしています。その基礎を学び、学習障がいや注意欠陥多動性障がいの特性、支援方法についても学びます。

・・・・・・・・・・・・・・ 取得できる資格 ・・・・・・・・・・・・・・

卒業時に取得できる資格卒業時に取得できる資格
認定心理士
公益社団法人日本心理学会が制定している資格で、心理学の専門家として仕事をするために必要な標準的基礎学力と技能を修得していると認定された人に与えられます。心理学部で履修指導に従って所定科目の単位を修得すれば、卒業後に申請して認定を受けることができます。
認定心理士(心理調査)
心理学の知識に基づいて、人の行動・思考・感情に関する専門的な調査・実験・観察などが行える技能を修得していると認定された人に与えられる資格です。(日本心理学会への認定申請を予定。)
図書館司書、社会教育主事任用資格
必要科目を修得することにより取得可能です。
大学院で取得できる資格大学院で取得できる資格
臨床心理士
公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が指定する大学院臨床心理学コースを修了すると受験資格が得られます。
学校心理士(補)
学校心理士認定運営機構が制定している資格で、大学院で所定のカリキュラムを履修することで取得できます。
公認心理師《対応予定》
心理学の領域で初の国家資格です。大学での心理学の専門教育に加え、大学院での2年間の養成を経て国家試験に合格することで付与されます。
根拠となる法律が成立したばかりのため、詳細については現在文部科学省・厚生労働省が検討しています。心理学部では、その決定に合わせて資格取得に対応していきます。

NEWS
「専門用語を使わない専門書」出版!

「専門用語を使わない専門書」出版!

『心理学に興味を持ったあなたへ
— 大学で学ぶ心理学 —【改訂版】』
(学研プラス)

高校生のみなさんが、予備知識なしでも読めるよう、専門用語を使わずに「大学で学ぶ、学問としての心理学」について解説した専門書です。
心理学部の授業内容や4年間の学びの過程についても詳しく述べていますので、進路決定に先立って、ぜひお読みください。

『心理学に興味を持ったあなたへ— 大学で学ぶ心理学 —【改訂版】』(学研プラス)
『心理学に興味を持ったあなたへ— 大学で学ぶ心理学 —【改訂版】』(学研プラス)

オープンキャンパス来場者に
もれなく入門書を贈呈!!

『心理学への扉
— 心理学で拓くあなたの未来 —

オープンキャンパスに来場された方に、心理学部の全教員が執筆した心理学の入門書、『心理学への扉』を贈呈しています。
心理学のいろいろな領域についてのQ&A形式の説明や、授業科目の紹介に加え、入試への準備についてのアドバイスも掲載しています。

『心理学への扉 — 心理学で拓くあなたの未来 —』入門書
『心理学への扉 — 心理学で拓くあなたの未来 —』入門書
◎心理学部心理学科 概要
  • ■名称・・・・・明星大学 心理学部心理学科
  • ■募集定員・・・120名
  • ■開設時期・・・2017年4月