スマホ向け表示

前ページへ戻る

「自立と体験1」

多様な学生と共に学び、理解して、いっしょに成長しよう

「自立と体験1」は、大学入学後すぐに始まる全学的な初年次教育科目です。学部・学科を越えてのグループワークは、ワークシートを使った自己紹介から始まります。学生たちは、明星大学の教育方針「体験教育」を具現化した学部・学科横断型の少人数クラスで対話を重ね、未来へ向けて、一人ひとりの理想や目的を磨いていきます。
8学部11学科の仲間との交流は、自分自身を新鮮な目で見つめ直し、明日への新しいステップを発見する絶好の機会です。

■ 特色ある初年次教育「自立と体験1」パンフレットPDF  → ポップアップリンク
■ 履修した学生の声
■ スチューデント・アシスタント(SA)
■ 授業アンケート

履修した学生の声

■他学部の人との交流で新しい発見ができたし、この大学のいい特徴だと思う。

■他人との関わりを通して自分の向上心を高められたと思う。
目標や将来のことを考えられるいい授業だったと思う。

■この授業では自分のことを知る機会がたくさんあり、
自己理解を深めることができました。また他人との
関わり方についても学べてよかったです。

スチューデント・アシスタント(SA)

「自立と体験1」では、この授業を受講した上級生がSAとして授業に参加し、ピアサポートを行っています。SA自身も1年生から多くのことを学び成長していきます。毎年、100名を超える在学生が説明会へ参加しており、この授業に対する「想い」が感じられます。

9月:SA説明会
   ↓
1月、2月:SA事前研修会
   ↓
4月:授業開始

SAを終えたときの感想

■このSAという仕事は、学生の補助だけでなく、私自身の良い学び、良い体験になったと感じます。学生へ、どう接するのか、どんなアドバイスをしたら良いのか、普段では考えることのできないことを考えることができ、とても充実していたと感じます。(2年生男子)

■1年生と関わることで自分自身も学んだことがたくさんありました。また、クラス全体を見るという意識もするようになったり、自分の考えをわかりやすく話したりといった点でも勉強になりました。自立と体験1に関わることができてよかったです。ありがとうございました。(2年生女子)

■様々な学部・学科の学生や先生と出会うことができ、自分自身の視野を広げることができた。一人ひとりが自分の意見を言えるようなグループ学習のさせ方について学ぶことができた。(3年生女子)

授業アンケート

■「自立と体験1」開設年より、1回目の授業と15回目の授業でアンケートを取っています。他学部・多学科の学生との交流について聞いたところ、90%以上の1年生が役に立ったと回答しています。多様な学生との交流の中で、自ら気づいたり、成長できたりしていることの証です。

教育研究機関
図書館
明星教育センター
情報科学研究センター
連携研究センター
心理相談センター
戦後教育史研究センター
発達支援研究センター
明星大学 通信教育部

このページの先頭へ戻る