スマホ向け表示

前ページへ戻る

海外渡航時の安全確保に関しての注意喚起について

2015.02.13

以下の内容について、文部科学省より注意喚起の通知が届きましたので、お知らせします。

1.新たに渡航を予定している方:
今後新たに海外渡航を検討している場合は、注意喚起に示された情勢を十分に認識し、誘拐、脅迫、テロなどの不測の事態に巻き込まれないように、外務省が出す渡航情報及び報道などにより最新の治安、テロ情勢などの関連情報の入手に努め、それらを考慮し検討してください。
また、特にシリア、イラクだけでなく、日本政府から退避勧告が出されている国や地域に渡航を予定している方は、渡航先や渡航時期の変更をするなど適切な対応を取ってください。

2.海外に滞在している方:
引き続き海外に滞在する場合は、報道及び滞在先最寄りの日本国大使館または総領事館から最新の情報の入手に努めて安全対策を心がけてください。
また、特にシリア、イラクだけでなく、日本政府から退避勧告が出されている国や地域に滞在中の方は、直ちに国外などの安全な地域へ退避することを強く勧告します。

3.連絡先、連絡手順の確認:
海外渡航に当たっては、滞在先最寄りの日本国大使館或いは領事館の連絡先、本人の連絡先、国内緊急連絡先、本学関係部署の連絡先、連絡手順などを良く確認しておいてください。

4.その他:
外務省などの対応については今後の状況により適宜見直される可能性がありますので、同省のホームページなどから最新の情報を入手の上、対応してください。

このページの先頭へ戻る