スマホ向け表示

前ページへ戻る

小学校教員コース01

先輩たちの夢への時間。

社会人を経験してよみがえった夢。
今度こそ必ず実現させます。

x.img_set.alt

  • 黒川 俊彦さん(30歳)
  • 仙台市在住。食品メーカー勤務。
  • 社会人経験を活かして問題解決能力や対人能力を育てられる教員になるのが目標。
    「仕事と勉強のハードな日々なので、時にはお酒を飲み早めに寝て気分転換をします。」

コース:
小学校教員コース
目指す免許:
小学校教諭1種免許状

x.img_set.alt

教員は子どもたちの可能性を引き出す素晴らしい職業であることを再確認。


教員という職業は中学生のころからの憧れでした。しかし、学生時代に就職活動をするなかで、その思いはいつしか置き去りになっていました。
ところがある日、勤務先である食品メーカー主催のイベントで、小学生たちとふれあう機会がありました。
そこで子どもたちの旺盛な好奇心や吸収力に接して、その大きな可能性を引き出せる教員になる夢が再び目を覚ましたのです。
フルタイムで仕事をしているので、通信教育で教員免許状取得を目指すことに決めました。同世代の学生が多く、私のように遠方で学ぶ学生のためのサポート体制や修得単位管理ができるWebシステムもしっかりしている明星大学で、夢を実現させたいと思います。

時間活用のPOINT

スマートフォンやパソコンを使えば少ない時間でも楽しく効率的に学べます。

日々の勉強は、他の時間帯よりも何倍も集中できて効率的に進められる朝や、食事などの空き時間を上手く利用することが多いです。
また、IT機器が好きなので、空き時間にすぐ確認できるようにスマートフォンの単語カードのアプリなどを探して使ったりしています。楽しみながら勉強ができるのでおすすめです。
社会人になってから、学生時代よりもスケジュール管理の力が格段にアップしました。学習計画を立てるのにパソコンを活用するなど、仕事で得たスキルもフルに活かしています。

このページの先頭へ戻る