スマホ向け表示

前ページへ戻る

沿革

通信教育部の沿革

x.img_set.alt第一回スクーリングにおける児玉九十初代学長告辞

1966(昭和41)年5月、教育の機会均等と大学教育の門戸開放の理念を高く掲げた明星大学では、その理念実現の一端として、通信教育部の開設を打ち出し、通信教育部設立準備会を設置した。その設立計画とは、大学の施設・設備、教員組織、図書館等を母体として、明星大学人文学部心理・教育学科教育学専修をもとに、心理・教育学科(入学定員2,000名)を創設するというものである。
事務局では文部省への設立認可申請書等の書類作成と並行して、カリキュラム、教科書執筆者、執筆要領等を決定し、22名の教授者に対して執筆依頼、テキストの作成などの具体的作業に入った。その後約3ヵ月の短期間で、教科書29科目、学習指導書24科目が完成。9月29日には、文部大臣宛「明星大学通信教育部設置認可書」を提出する運びとなった。

同年11月10日、大学設置審議会委員による実地視察が行われ、その結果、1967(昭和42)年3月25日、文部大臣より通信教育部の設置認可がなされ、同年4月、明星大学人文学部心理・教育学科通信教育課程が創設された。

同時に、同課程は、初等教育、幼児教育に携わる人材の養成をめざして、小学校・幼稚園の免許状を取得させるための正規の課程を文部省に申請。同年3月27日付で課程認定を得た。翌年、初等教育における現職教育の重要性にかんがみ、教育職員免許法上の小学校・幼稚園関係科目を履修できる聴講生の課程を申請、1968(昭和43)年3月15日、文部大臣より認可された。

1969(昭和44)年、東京都教育委員会の集団入学受け入れを皮切りに、1970(昭和45)年神奈川県教育委員会、1971(昭和46)年千葉県教育委員会との委託事業が始まる。その後も各県の教育委員会や、各種の学校と委託事業を展開した。この委託事業は小学校普通免許状を所持していない現職の教員のために行われるものであり、以来、現在まで学習センターと名称を変えながらもさまざまな形で継続されている。

1977(昭和52)年、通信教育部創設10周年記念祝賀会が京王プラザホテルにおいて開催された。また、通信教育部の同窓会組織である「星友会」が10周年を機会に発足し、第1回総会を1978(昭和53)年8月9日に開催した。当日は全国から卒業生が集まり、学長を始め教授者と懇談。在学中の思い出話に花を咲かせた。

1984(昭和59)年、学校図書館司書教諭並びに社会教育主事コースを開設。翌年図書館司書コースが開設された。

x.img_set.alt現在の通信教育部事務局(24号館)

1985(昭和60)年12月から冬期スクーリングが東京・仙台の2会場において開講され、翌年には、福岡会場を増設した。
1987(昭和62)年、通信教育部創設20周年記念祝賀会が関係者多数出席のもと東京ガーデンパレスにおいて盛大に催された。
1988(昭和63)年から教育学専修コースの中に教育学Bコース(心理学)を設け、


1 教育学専修コースA
2 教育学専修コースB
3 小学校教員コース
4 幼稚園教員コース
5 社会教育主事コース
6 図書館司書コース
以上の6コースの中から、任意に選択できるようになった。
1991(平成3)年4月1日以降の通信教育部の教育実習生に対して、実習生に「傷害保険」と「賠償責任保険」がかけられることになった。

1992(平成4)年の教育課程の変更は、大学設置基準の大綱化等により、大学がそれぞれの理念・目的に基づき自由かつ多様な形態で教育ができるようになったことによるものである。通信教育部における変更点としては、従来の一般教育、専門教育科目という枠組みにとらわれずに、教育課程を組むこととし、一般教育科目、外国語科目、保健体育科目を基礎教育科目に統合し、専門科目と基礎教育科目の2つの配列としたことが挙げられる。この年「障害児教育」が開講され、3年次以上の学生が履修できるようになった。

1994(平成6)年度より通学課程の心理学専修で開講している「心理学実験Ⅰ」を科目等履修生として受講する道を開き、「認定心理士」の資格認定を受けることができるようにした。

通信教育課程の設置から30年以上が経過する間に、通信教育課程の卒業者の中からも毎年20名以上の者が通学課程の大学院を受験するようになって来た。その動機の主なものとしては、高度な実践的知識や技能を得るため、学位・専修免許状を取得するためなどが挙げられる。このような要望に応えるため、通信教育課程に大学院を設置する準備を進めていたところ、「大学院設置基準」が改正され、通信教育課程の大学院設置が可能になった。これを受けて本学は、大学院人文学研究科教育学専攻に通信教育課程を併設することとし、設置申請の作業を進めた。既に見てきたように、顕著な実績を着実に積み上げてきた本学による申請は、設置審議会の委員からも高い評価を得て、1999(平成11)年に他の数校とともに、わが国で初めて設置を認可された。新たに設置された通信教育課程の大学院人文学研究科教育学専攻の修士課程は定員を30名と定めて募集を行うことになった。この募集に対しては当初より定員をはるかに超える応募があり、厳しい入試選抜となって現在に至っている。

この実績を踏まえ、本学は、2006(平成18)年4月より、同課程の教育学専攻に博士後期課程を設置することを申請し、設置審議会の委員による高い評価を得て、これを認可された。

本学通信教育部はこの40年の間に、カリキュラム改訂や学習センターの増設、専門学校との提携等、社会の要請に応えながら着実に発展し、既に14万人の人々が教員の養成、現職教育の両機能に加えて、教育学や心理学を学ぶため本学通信教育課程を活用している。

なお、通信教育課程に学ぶ学生は、通常課程の教育と同じ水準、内容の教育を受け、所定の単位を修得すると大学卒業資格(学士の学位 教育学)が授与される。また、通信制大学院においては、修士(教育学)の学位、博士(教育学)の学位が授与される。そして小学校専修・1種・2種、幼稚園専修・1種・2種の教員免許状に加えて、社会教育主事任用資格、図書館司書資格等の資格が同時に取得できるなど、本学通信教育の果たす役割はきわめて大きく、今後ますます期待される時期を迎えている。幸い本学通信教育部の運営については大学基準協会により高い評価を受けている。

通信教育部創設当初の明星大学正門通信教育部創設当初の明星大学正門

創設当初の通信教育部事務局(12号館)創設当初の通信教育部事務局(12号館)

このページの先頭へ戻る