スマホ向け表示

前ページへ戻る

理工学部 総合理工学科 環境科学系 

環境調査などのフィールドワークで、問題解決に向けた実践的な力を身につける。

地球温暖化や資源の枯渇などの大きな問題から、ゴミの分別や省エネなど身近な問題まで、環境に関するニュースが多く取り上げられる現代。環境問題は、まさに待ったなしの状況です。

環境科学系では、大量生産・大量消費からの転換を図り、問題解決に向けて自ら行動できる実践的な人材の育成をめざしています。

総合理工学科 環境科学系

環境科学系がめざす技術者像(教育理念)

生活者として環境に配慮し、職業を通じて環境保全のための社会貢献ができる知識と実行力を持つ技術者

マクロには地球温暖化、資源の枯渇。ミクロにはゴミの分別、省エネなど。環境に関する問題が新聞に載らない日はありません。まさに待ったなしの状況と言える環境問題。「大量生産・大量消費」といったこれまでの考え方を変える必要があります。環境科学系では、そんな現在の環境問題に提言していく人材を育てていきます。

国家資格取得もめざす、国際基準の技術者養成型カリキュラム
環境科学系では国家資格である技術士補(環境部門)の取得をめざしたカリキュラムを設定。このカリキュラムは国際的に通用する技術者教育を念頭に入れており、日本技術者教育認定機構(JABEE)の基準にも対応しており、2010年に認定されました。当学のプログラム修了者は技術士一次試験が免除(技術士補の資格が認定)となります。

JABEE 認定プログラムとは?

主な研究テーマ

環境・生態学系には9つの研究室があり、3年生後期よりプレ卒研が始まり、4年生になると卒業研究が行われます。卒研では3年生までに学んだ知識と技術を基に、1年間の研究活動を行います。最先端なテーマで実施される研究を通して、調べる力・考える力・まとめる力・伝える力・交渉する力など総合的な人間力を身につけます。さらに大学院へ進学し研究を続ける学生も増えています。

学部・大学院
理工学部
人文学部
経済学部
情報学部
教育学部
経営学部
デザイン学部
心理学部
2017年4月開設
大学院
全学共通教育
シラバス
教員情報
研究シーズ(連携研究センターオリジナルサイトへ)
明星大学学術機関リポジトリ
明星大学 通信教育部

このページの先頭へ戻る