スマホ向け表示

前ページへ戻る

理工学部 総合理工学科 電気電子工学系 

授業の特長

プロフェッショナルな教員による質の高い教育で、幅広い知識をもつ技術者を育成する。

電気電子工学の基礎となる電磁気学と電気回路学の学習にはじまり、コンピュータ操作などの基本技能を修得しながら、電力システム、材料・物性とデバイス、情報と通信、制御などの理論と実際を学びます。

与えられた内容(測定実験など)だけではなく、考える力を養成することで真の力を身につけ、広く社会で役立つ人材育成をめざしています。

カリキュラム

画像をクリックすると拡大します。

クローズアップ授業

実験を通じて電子回路の基礎現象を理解し、回路の構築と測定の方法を身につける。

情報通信実験

情報通信工学の基礎となる各種電子回路、通信工学の基礎となる伝送路に関する基礎実験を行います。 高度な情報通信システムの理解に不可欠な基礎知識と経験を身につけ、報告書の作成を通じて測定結果への観察力、洞察力を養成します。 電気電子分野の実験には高電圧や高速回転する電気機器、敏感で壊れやすい素子なども多く、細心の注意が必要です。このことを実体験で知ることは、将来どのような職業でも有用な力となります。
学部・大学院
理工学部
人文学部
経済学部
情報学部
教育学部
経営学部
デザイン学部
心理学部
2017年4月開設
大学院
全学共通教育
シラバス
教員情報
研究シーズ(連携研究センターオリジナルサイトへ)
明星大学学術機関リポジトリ
明星大学 通信教育部

このページの先頭へ戻る