スマホ向け表示

前ページへ戻る

理工学部 総合理工学科 建築学系 

建築には、人々の生活を豊かにする力がある。

人は知らず知らずのうちに、建築から影響を受けています。

日々の生活の場となる住まいや校舎も、非日常空間を楽しむ劇場やおしゃれなカフェも、人の手によって設計された建築空間です。建築の仕事には、人が生きる「場」をつくり出す喜びがあります。

建築学系では、建築のデザイン・構造はもちろん、インテリアや環境、都市計画までを学べる幅広いカリキュラムを用意。実習や職場体験など実践的な教育に力を入れており、さまざまな学びの中で、視野が広がり、建築の幅広いジャンルに興味をもてるようにもなれます。もちろん、建築士などの資格取得もめざせます。

<体験教育 体験談>プロジェクトⅣ(建築施工実習)

将来は、建築デザイナーとして
独立したいと考えています。


浦門 亮太さん 
理工学部 総合理工学科 建築学系 3年 
鹿児島県立武岡台高等学校出身

建築関係の仕事をしていた父からの、「若いときに一度は東京に出た方が良い」という勧めもあり、明星大学への進学を決めました。

街に出れば、今までテレビでしか見られなかった最先端の建築を身近に見ることができ、設計のことや、どのように建てられたのかを考えるのがとても楽しいです。

先日、「プロジェクトIV(建築施工実習)」という授業で、実際にコンクリートの打設やタイルを貼る作業を体験しました。自分でその大変さを体験することで、施工や作業のことを考えながら建築設計を行う大切さを学べました。

主な研究テーマ

建築学系には10の研究室があり、3年生後期よりプレ卒研が始まり、4年生になると卒業研究が行われます。卒研では3年生までに学んだ知識と技術を基に、1年間の研究活動を行います。実験系調査系と自らテーマを模索する設計系に分かれますが、いづれも研究を通して、調べる力・考える力・まとめる力・伝える力・交渉する力など総合的な人間力を身につけます。さらに大学院へ進学し研究を続ける学生も増えています。

学部・大学院
理工学部
人文学部
経済学部
情報学部
教育学部
経営学部
デザイン学部
心理学部
2017年4月開設
大学院
全学共通教育
シラバス
教員情報
研究シーズ(連携研究センターオリジナルサイトへ)
明星大学学術機関リポジトリ
明星大学 通信教育部

このページの先頭へ戻る