スマホ向け表示

前ページへ戻る

理工学部 総合理工学科 建築学系 

実習科目による体験を通して、現場に即した実践力を身につける。

近年では、雑誌などでも特集が組まれ、注目を集める建築分野。

建築学系では、デザインと構造に関する科目をバランスよく配置し、さまざまな課題に対応できる「建築人」の育成をめざしています。

知識の習得と合わせて、実習や職場体験なども取り入れています。教師も実務経験者が多く在籍。実践的な環境で学ぶことができます。

主な研究テーマ

建築学系には10の研究室があり、3年生後期よりプレ卒研が始まり、4年生になると卒業研究が行われます。卒研では3年生までに学んだ知識と技術を基に、1年間の研究活動を行います。実験系調査系と自らテーマを模索する設計系に分かれますが、いづれも研究を通して、調べる力・考える力・まとめる力・伝える力・交渉する力など総合的な人間力を身につけます。さらに大学院へ進学し研究を続ける学生も増えています。

学部・大学院
理工学部
人文学部
経済学部
情報学部
教育学部
経営学部
デザイン学部
心理学部
2017年4月開設
大学院
全学共通教育
シラバス
教員情報
研究シーズ(連携研究センターオリジナルサイトへ)
明星大学学術機関リポジトリ
明星大学 通信教育部

このページの先頭へ戻る