スマホ向け表示

前ページへ戻る

人文学部 心理学科 人間を科学的に理解する視点を学ぶ、実習重視のカリキュラム。その視点の先には、大学院で臨床心理士をめざすなど、多彩な進路が広がっています。

授業の特長

バランスのとれた人間理解を可能とする力を学ぶ。

心理学科では、4年間の体系的カリキュラムを通じ、実験を重視する基礎的な心理学から、心理検査や心理療法などの応用的な心理学まで幅広く学ぶことで、バランスのとれた人間理解ができる力を身につけます。

実証的な学びを重視し、データや臨床事実に基づいた科学的な理論構成とともに、人間のもつ多様性や不確実性に対しても理解し、接近することができる方法を学びます。

カリキュラム

画像をクリックすると拡大します。

クローズアップ授業

青年の成長発達を援助する人間関係の心理学。

専門ゼミⅠA・ⅠB

少人数のディスカッション形式による体験課題を通じ、自己と他者の心理を理解する理論と方法を学びます。

また共感的理解を基盤に心理的援助の基本を習得し、援助的な人間関係や他者を尊重する自己表現とコミュニケーションを学びます。

自分の特徴を把握し、自身の将来設計に活かすことが可能になり、他者への共感的な理解の視点と適切な自己表現を習得することで、生産的・援助的な人間関係を構築することができます。
学部・大学院
理工学部
人文学部
経済学部
情報学部
教育学部
経営学部
デザイン学部
心理学部
2017年4月開設
大学院
全学共通教育
シラバス
教員情報
研究シーズ(連携研究センターオリジナルサイトへ)
明星大学学術機関リポジトリ
明星大学 通信教育部

このページの先頭へ戻る