スマホ向け表示

前ページへ戻る

人文学部 心理学科 人間を科学的に理解する視点を学ぶ、実習重視のカリキュラム。その視点の先には、大学院で臨床心理士をめざすなど、多彩な進路が広がっています。

※2017年4月、心理学部心理学科に改組

心理学部心理学科の詳細はこちら。

2017年4月心理学部開設

心は見えないものだから、見えたらきっとおもしろい。

ほかの人の想いや考えが見えたら、行動はしやすくなることでしょう。もちろん、難しいことですが、それを解き明かそうとする学問はあります。

心理学科では、1、2年生から少人数制の演習・講義で、心理学の基本的な考え方や技法を学び、3年生以降はゼミで興味のある専門分野を深く追究します。

実験室、検査室、ゼミ室、行動分析研究館(動物実験施設)など、最新鋭の施設も完備。心理学のほとんどの領域をカバーしているので、卒業と同時に認定心理士の資格も申請でき、さらに大学院に進学して臨床心理士をめざすこともできます。

<体験教育 体験談> 専門ゼミ1A・1B

心理学の学びを通じて、相手の言葉に耳を傾ける力や、
文章を書く力も身につきました。」


武井 麻美さん 人文学部 心理学科 4年
東京都私立東亜学園高等学校出身

高校時代、友人関係で悩んだことで心理学に興味をもち、大学で学んでみようと思いました。実際に学びはじめて、専門用語の多さなどイメージしていた心理学とのギャップに戸惑いましたが、学びを進めるほど楽しさを感じています。

今は青年心理学を学ぶゼミで、大人への移行期における心理状態について研究しています。
その中で、「人の話をどのように聴いたら相手が気持ちよく話すことができるか」という「傾聴」の考え方を学びました。

これは、相手のさまざまな心理を察して行動できる力になると思います。

学部・大学院
理工学部
人文学部
経済学部
情報学部
教育学部
経営学部
デザイン学部
心理学部
2017年4月開設
大学院
全学共通教育
シラバス
教員情報
研究シーズ(連携研究センターオリジナルサイトへ)
明星大学学術機関リポジトリ
明星大学 通信教育部

このページの先頭へ戻る